やるなぁ、お前

天気予報を見ていると晴れるのは明日までで、週間予報だと雨天は月末まで続くみたい

ど~すんだ、飼い主

雨だとトイレが大変なケンが居るというのに雨続きだったら毎日クルマに乗せて隣町の高架下まで行かねばならない。
雨雲レーダーも参考にしながら雨が止んでいる間に連れ出せればいいのですが。


飼い主自身も雨とか天候がゴロッと変わる前とかには古傷が疼くので困るんでs・・・

ん?この腰痛は天気(気圧変化)が関連してるのか?


とりあえず今朝は晴れてるので機嫌よく散歩に行きましょう。

200121_01.JPG


眠たそうなケンですけど家から外に出たら元気です。

堤防に出ると散歩されてる老夫婦を軽くオーバーテイクしていきます

200121_05.JPG


が、ここでピットインならぬトイレです

200121_03.JPG


すると先ほど抜いた老夫婦が近付いて来られ、足を止めてケンのトイレを見てらっしゃいます。

「まぁ~アナタ、いいウンコしてるねぇ~」と、お婆さん。

振り返って挨拶すると、「何という犬ですか?」とお決まりの質問が

「オーストラリアン・キャトル・ドッグと言います」と言ってもピンと来られる人なんてまず居ませんので、「ボーダーコリーとかと同じ牧羊犬で、オーストラリアの牧場で牛を追っかけてる犬です」なんてことを付け加えます。

そして「何歳ですか?」と訊いて来られたので「今年で12歳になります」と答えたら・・・

「え~、そんな歳なの~、元気でいいねぇ。飼い主さんに大事にしてもらってるんだねぇ~、いい人のところに来れて良かったねぇ」と、ケンを眺めてるお婆さんの目に涙が

昨年末に飼われてた四国犬が亡くなったそうで、「ちょうどこの子と同じくらいの大きさの子でね、気付いて病院に連れて行くのが遅かったばかりに診てもらったときはもう手遅れだったの。もう悔しくて悔しくて・・・


するとケンが老夫婦に近付いて優しくお爺さん、お婆さんの順であいさつしています。

コイツ、暴れん坊ですがこういう空気が読めるんです

その姿を見てお婆さんは「アナタはやさしいんだねぇ~、ウチの犬は私たち家族しかダメで他の人に対しては唸ったりして一切懐かなかったの」と話して下さってまた涙が

その横でお爺さんも目を細めてケンを撫でてくださってます。

後悔が残る別れだったでしょうけど、こうして想い、泣いてくれる人(飼い主)が居て、四国犬さんも幸せかと。

ま、これは生きている人間の勝手な解釈ですが

ケンに対してもこれは飼い始めた頃から思っていることでここでも過去に何度か書いたかと思いますけど、「最後の瞬間に”この人に飼われて良かった”と思ってもらえる飼い主になろう」と努めています


老夫婦と別れたあとは

200121_06.JPG


かなり達成感のある表情に


いつもながらお前の洞察力や対応は凄いわ

磯野家のカツオ並みです。

人を見抜くのもそうだし、美人に対する評価に至っては同性である私の母も「コイツはちゃんと見とる」と太鼓判を押したほど


昔に何度か書いてますけど、ケンがシャンプーをしてもらうお店には奇麗にしてもらったあとに記念撮影があってその画像をカレンダーにして渡してくれるサービスがあったんです。

月イチのシャンプーですから毎月ケンの画像が入ったカレンダーを貰うんですけど、月によって思いっきり笑顔や仏頂面だったり、表情の振り幅が大きかったんです。

で、飼い主は「なんでやろ?」と思う訳です

女性のトリマーさんが複数いらっしゃるお店、その月によって担当さんが違うんですねぇ

ま、そういうことですわ。


私自身も取引先などの人物が初めてウチに来る時には「犬は大丈夫ですか?」と確認した後にケンを会わせるようにしています。

そしてケンの反応を見て「ほぅ、お前はそう評価したか」と、私の判断材料の1つとなります。

まぁ~、これが当たるのなんの


この能力、もっと活かすことは出来ないものか・・・

いや、これは飼い主だけの特権なのかもしれません


ちょっとお出掛け

冬らしい寒さになりつつありますが・・・

まだまだ雪が降ってくるような気配は感じられません。

それどころか庭には雑草がグングン生えてきてますから。

通常、冬のこの時期に庭の雑草が気になった記憶はありませんのでそれだけ暖かいということでしょう

そう、冬に除草剤を撒いたのは多分、初めてなんじゃないかな。


その暖冬のおかげか、ケンの腰の具合も良くなってきています

200119_02.JPG


そのケンですが、何かを感じ取ってるようです

が、とりあえず散歩です。

散歩に出たらまぁ元気に走ること

その姿にこちらも嬉しくなって付き合うのですが・・・

飼い主は絶賛腰痛中

普段なら何でもない速歩でも腰がぁぁぁぁ


と思っていたらトイレ。

200119_04.JPG


ここで飼い主も一息つきます

200119_07.JPG

200119_08.JPG


正解です、所用でこれからお前を連れて目的地まで170kmほど走ります。


先日の名古屋と違い、今日は家に帰ってくる時間が読めないので普段のバリケンネルではなく遠征用のケージを軽バンに固定します。

P51733671.JPG


ハイエースだと余裕たっぷりなんですが軽バンだとジャストフィット。

距離的にはハイエースの方が楽、そして腰痛のことを考えたら楽チンなセミバケットのような純正シートのゴルフがいいのは解ってます。

が、様々な事を考慮して名古屋に引き続き今回も軽バンです。

プライベートな遊びでも仕事で行くわけでもありませんし、これから暫く頻繁に通う可能性も高いのもあって高速料金や燃料の節約です。

軽バンだって両方合算すれば往復で1万は軽く超えますので。

10回通えばこれだけで10万オーバーですわ。

時間的余裕と下道が空いている時間帯であれば、私が知っている下道での最短ルートで行きたいくらいです。

でもこのルート、休日や時間帯によってはとても渋滞しますの

あ、バイクだったら・・・

って、ウチのハーレーじゃ幅が広くてすり抜けもままならないしなぁ


高速道路をブイ~ンと飛ばして、いや、速度感があるのは100km/hで4000rpmも回りやがる軽バンのエンジン音だけ

実際は無理せず長距離の大型トラックと似たような速度です

走らないクルマとは言え、我ながら丸くなったものです。

20年前ならこの高速をZ32や怪力RB26を積んだ260RSにて〇△0km/h以上で巡航してましたから。

ま、今のゴルフRだって走ろうと思えば鼻をほじりながら当時以上の巡航速度で走れますけど。

20200119_123648.jpg


で、ノンストップで目的地から最寄りのPAまで走りました。

そう、これも当時と違います。

巡航速度が低くなって官憲絡みのリスク(に伴う精神的ストレス)が減った分、休憩しなくなったんですねぇ~

ケンをスクールに預かってもらって私1人で参加した千葉で集まったキャトル飼い主ミーティングなんて、乗って行ったクルマも長距離も快適なゴルフRだっただけにトイレと燃料の事が無ければノンストップで走ってたと思います(実際、大雨のなか走ってたのに給油のため1度SAに入ったのみ)。

それこそ”430休憩”(4時間走行したら30分の休憩)が義務化されてる大型トラックのドライバーみたいな走り方です。

20200119_131238.jpg


この時点で腰は爆発寸前です。

それは足踏み式のパーキングブレーキを踏みこむのために左足を上げるのに気合を入れねばならないほど


ここでケンをクルマから降ろして我慢してたであろうトイレをさせ、飼い主も腰を伸ばすためちょっと休憩です。

が、PAに入ったら駐車スペースにはパトカーやら消防車などがいっぱい

そして路面には泡のようなものが広がっています。

何事が起ったんだ?

ん?これか・・・

20200119_131632.jpg


全てのドアを全開にして車内が泡だらけになってる軽バンが

関東エリアのナンバーが付いた軽バン、どうやらエンジン付近から炎上したようです

その消火活動が行われてたのでしょうね。

遠路はるばる関東エリアからやってきたであろう軽バンのドライバーは警察官に聴取されながらもクルマをジッと眺め、呆然としています。

明日は我が身、自分のクルマはキチンとメンテしとかなあきまへんな


そんな姿を横目にトイレに入ったら、「PA利用者は事故防止のためスマートICの利用は控えてください(いや、”出来ません”だったかな?)」との張り紙が

ここのスマートICで高速を下りようと思ってたのに・・・

警官もわんさか居る目の前で掟破りをするわけにもいかず、次のICまで再びクルマを走らせたのでした。


すると予想通り現地の滞在時間が長くなってしまい、家に帰ってきた時にはもう真っ暗

結局、朝に軽く食べて以降は何も食べずに今、これを書いてます


腰の事を考えてケンを留守番させ、長距離も速く快適なゴルフでという選択肢もあったのですが、こうなる事を見越してケンを同行させたのは正解でした。

が、軽バンのペランペランの純正シートで腰はもう爆発しそう

普段はこの程度の運転時間と距離なら平気なんですが、こういう時はやっぱり少々キツかった

PAやSAで何度か休憩したらここまでにはならなかったのですが・・・

奥の手のロキソニンを服用しようかしら。

とりあえず皮膚がかぶれるの覚悟でボルタレンの湿布を貼りました。


う~ん、こうなったら軽バンにレカロのシートを組むか。

回復傾向

1月17日、あの地震からもう25年も経ちましたか。

この地震を経験してからなんですよね、軽い地震であっても体が勝手に身構えるようになったのは。

それこそ25年経っても変わりません。

一昨年にはウチ周辺でも大きな地震がありましたけど、神戸の時のことを思えば軽微なものでした。

震災から2日後、神戸に住む友人のところへバイクで物資を運びましたけど、その時見た神戸の景色は一生忘れないでしょう。



そんな日の朝。

200117_04.JPG


なんかいつもと違う意気込みを感じます

散歩に出たら数十メートルでトイレ

200117_05.JPG


この時点でUターンして帰ろうとすることもあるのですが、帰ろうとする気配はゼロ。

それどころか

200117_08.JPG


河川敷まで行く勢いでグイグイ歩いていきます


そして河川敷に着きました。

200117_12.JPG


すると、暫くウロウロしてまたトイレ

200117_13.JPG


これでボディも軽量化が図れたことでしょう


なので久しぶりにフリーで歩かせてみることに。

と言っても足の事を考慮して比較的地面がフラットな高架下部分で、です。

200117_15.JPG


少し離れて足の運びを見てましたが、危なげな感じはありません

200117_16.JPG


ここでいつもウエストバッグに入れている紐付きボールで遊ばせたらケンも喜ぶのは解っているのですが・・・

ボールを追いかけると必ずと言っていいほどケンは急速ターンをするので、ゆっくり回復してきている腰がここでまた痛めると去年の暮れから私がやってきたことやケンが我慢してきたことがパーになってしまうというリスクがあります

ですからボール遊びは我慢して、上り坂の下で待たせて招呼してみることに。

200117_51.gif


まずまずの走りっぷりです。

この場所ではよく招呼をさせていたので比較も出来ます。

200117_26.JPG


最近は散歩に出ても自分の意思で遠くまで歩きたがったりするので(そんな時は歩かせてます)、徐々に調子も戻ってきてるのでしょう

腰の調子が芳しくない時はホント、トイレが済んだらすぐ家に帰ろうとしてましたからね


満足できたのか、帰りは家まで脚側行進を崩さず歩いておりました

200117_29.JPG


で、ケンの腰が回復してきたら今度は飼い主ですわ。

unnamed-file-6.jpg

ただいまバンテリンを塗布しまくってます



夕方はまた元気を貰いに親戚の老夫婦宅に寄り道しておりました。

相変わらずケンはテンションが上がりっぱなしで可愛がってもらってまたパワーをチャージです

前に書きましたけど、ここのお婆さんと会ったりするとケンの調子が良くなるんです


で、その帰り道。

辺りは真っ暗になってたのでLEDライトを点けて帰ってたら・・・

向こうから立派なゴールデンさんが。

体つきや顔からして男の子でしょう。

そのリードを持つのは3~40代くらいの細身の女性。


もう、ケンを連れて10年以上散歩してますんで、暗がりで離れた所であっても犬の反応や飼い主のリードの持ち方で大体の事が解ります。

なんてこと書いてる時点でそのあとの展開が読めてしまうでしょうけど・・・


そう、正解です。

ゴールデンさん、ケンを見て大興奮してフェラーリのエンブレムみたいな姿勢になってました

華奢な飼い主さんは必死でリードを引っ張ってらっしゃいます


う~ん、ゴールデンさんも若いしスクールに通われることをお勧めしたいところです

大型犬のトルクでリードをガツンと引かれた時にゃ、華奢な女性だと転倒して怪我することだってあるでしょう。

私だって不意を突かれたらどうなることやら

事実、私の後輩の義理のお母様が愛犬のゴールデンを散歩中に引っぱられて転倒、頭部を強打して亡くなられましたからね。


ラブやゴールデン、シェパードなんかは盲導犬や警察犬として活躍している子も多く、とても賢くて順応的なイメージがあります。

これは正解なんですけど、大抵の人が見ている姿は玄人さんによる長い訓練期間を経て試験もパスして完成した姿なんです

家で飼って成長したら勝手に盲導犬みたいになってた、なんてことはまずありません。

人間だって幾ら知能指数が高い子でも学校にも行かず何の勉強もせずに国公立大になんて入学出来ませんよね。

それこそ親が国立大に合格させられるだけの学力を子供の身につけさせることができるのであれば話は別ですが。

犬だって同じなんです。


ダメ飼い主の私なんぞが言うべき言葉ではありませんが

飼ってる犬を名犬にするのも駄犬にするのも飼い主次第ということです。

今度は何?

昨夜は体感的に寒くなってきたように感じて真冬にしか使えないようなふっかふかの羽毛掛布団を出してきて寝たのですが・・・

朝はじんわりとした暑さで目が覚めてるという、なんとも気分が良くない目覚めでした

ケンの部屋同様、寝室にも温度湿度計を置いて寝る前には室温をチェックしてから布団や毛布などの組み合わせを考えて寝ているんですけど、この組み合わせを間違えたらもう、寒さで目が覚めることもあれば今朝のように暑さで目覚めることも

マンションや今どきの分譲住宅とかなら気密性や保温性が高い造りだろうから、寝る前に室温が1℃違うだけで悩んだりする必要なんてないんだろうなぁ~


そんな目覚めの朝ですが、外は寒い。

200115_02.JPG


と言っても例年同時期と比べたら暖かいんですけどね。


寒いのもあってか、散歩に出たら即トイレ。

200115_04.JPG


ケンはここで早くも家に帰ろうと提案してきたものの、腰だって回復してきてるんだしもうちょっと歩いてもらいます

すると不本意なのか、グズグズと歩き出して地面を匂いだり・・・

200115_06.JPG


地面の匂いをかいだりする行為はケンの場合、誤食誤飲に繋がる事もあるので即座に止めさせます

足跡追及とか教える予定もありませんしね。

200115_07.JPG


ケンは私が見逃していると「これは大丈夫なんだ」と解釈して自分の領域をドンドン広げていくので、注意するべきことはその都度注意します。

基本的に例外は無く、訓練競技会で審査を受けてる真っ最中だって良くない素振りを見せたらその場で叱ってました。

勿論、審査員氏の採点に響くのは覚悟の上です


そんなケンも昔と違って

200115_08.JPG


すぐに反省の色を見せるようになってきました

そのかわり暫くしたら注意されたことを忘れるんですけど



で、今日はイレギュラーで動物病院へ行ってきました


たしかお正月あたりだったかな、家でまったりとしている時に「そうだ、ケンの後足もしっかりマッサージしてやろうか」と思いまして、この日は後足の内側も手を入れてマッサージしてたんです。

普段は後足の内側まではしっかりとマッサージすることはなかったのですが、この日は「普段マッサージできたない箇所も」と触ってたら・・・

ん?なんや、この膨らみのようなものは

右後足の内側、それも筋の後ろ側に丸いものがあるのが手の感触に伝わりました。

左足の同じ位置も触って違いをチェックすると左には無い


しばらく様子を見ることにしたのですが、毎日チェックしていると足の力の入れ具合によっても触った時の大きさに違いがあるように感じられてきて

「こりゃもう素人では判断出来ん」となって診察を受けることに。


獣医さんも私が指示した場所を手で触りながら確認するのですが、なかなか見つからない様子。

ようやく見つかって「こんなところ、よく気付きましたねぇ」と言いながらノギスで大きさを採寸して、

「場所的にもいまどうのこうの言うほどではありません、が、経過観察というかたちで様子を見ていきましょう」

という診断でした。

この言葉に私もちょっと安堵です


どちらにしてもケンの処方薬やサプリを貰いに月に1度は病院に行ってますので、気になれば来月に薬を貰いに行く際にでも診察してもらえばいいですし。

なんて言いつつも、薬を貰いに行く以外で昨秋以降は何かとあって月イチペースで診察してもらってるので今は月イチどころか月2のペースとなってしまってるではないか

200115_09.JPG


無病息災より一病息災の意味が解ってきた気がする帰り道でした。


ケンの初詣

先ほどYouTubeにて今現在の島田紳助氏が喋ってる動画を観ましたけど

やっぱりこの人は凄い

ブランクが全くないというか、テレビに出ている頃と変わらないトークを楽しませてもらいました

昔みたいにまたこの人のラジオを聴きたいなぁ~



今日は成人の日なんですよね。

自分が成人式を迎える時に思ったのですが、「昔は20歳で十分な大人(成人)だったかもしれないけど、今の成人式は30歳くらいのほうがふさわしいのでは?」というもの。

それから20年以上経ちましたけど、今でもその考えは変わってません

なんなら35歳とか40歳くらいでもいいかも?


そんな成人の日の朝、晴れました

家の周りではスーツや振り袖姿の新成人の姿を見掛けることはありませんでしたが、朝早くから髪を結って振袖を着せてもらって雨だったら悲しいですもんね。

ちなみに私の年はどんよりとした曇り空でしたが


さて、ケンも散歩に行きましょうか。

200113_01.JPG


お、10年以上一緒に過ごしていると私の行動で何か判るようです

そのせいか、普段より結構歩いたところでやっとトイレ。

200113_05.JPG


そして帰り道では

200113_07.JPG

200113_08.JPG


思いっきり気付かれておりました


そう、今日はお出掛けです。

去年に続いて今年も名古屋にある伊奴(いぬ)神社にケンを連れてちょっと遅い初詣に行きます。

去年いただいたお守り類をお返しして新しいのを戴きたいですし。

”いぬ”という名称の神社だけに飼い主と愛犬の絆を強くする御守や愛犬の健康を願う御守などもありまして、これらはお参りする度に戴いております。


散歩から帰ったらすぐに準備をしたものの、なんだかんだやっているうちに家を出るのはお昼前になってしまいました

こうなったら遅れを取り戻せるゴルフRで行きたいものの、今日は祝日だけに参拝される方も多いでしょうし、十分な駐車スペースが確保されない可能性も

駐車スペースと神社周囲を通る道路の幅員からハイエースはゴルフ以前にNGです。

ということで、去年に引き続き今年も軽バンで向かいます。

高速料金も抑えられますし


最寄のICから高速に乗ると渋滞もなく走っていけます。

と言いたいところですが、風が強くて重心が高くて投影面積が大きい軽バンだと横風に煽られてフラフラ~フラフラ~と。

これはもう仕方ありません

走っているクルマの流れに合わせて巡航していきます。


こういった速度域だと軽バンで十分かな?と思ったりもしてきます。

今や昼夜を問わず物品輸送の大型トラックがわんさか走ってますし、その大型トラックが90km/h台でスピードリミッターが作動するのもあって高速道路の流れも全体的に遅くなってきてますしね。

そして今日のような日祝だとこの大型トラックが追越をかけるような遅さで走行しているクルマが居たりするものだから更に流れは遅くなってきます。


名古屋に着くまでに1度SAかPAに入ってケンのトイレ休憩でもしようかと思ってたものの、お昼頃ということもあってどのSAもクルマでいっぱい

ノンストップで伊奴神社まで走り切りました。


さすがに3度も来ているとナビ無しでも迷わず走れましたが・・・

神社に向かう路地へ入ったら、なんと複数の警備員が立っているではないか

神社は予想してたより参拝客が多くて駐車場もほぼ満車

ですが軽用の駐車枠は空いていたのでそこに軽バンをねじ込みます。

やっぱり軽バンに乗ってきて良かった


着いたら即、ずっとトイレを我慢していたであろうケンをクルマから出して周辺を歩きたかったものの、ウチの軽バンの中から聞こえるケンの鳴き声に年配の警備員が白い目で見ているし・・・

神社境内は犬の立ち入りは禁止ですから仕方がないんですけどね。

毎度のことながら犬の由来もある伊奴神社なのに犬はダメというのはなぁ~

祀られている犬の王が犬には攻撃でもしてくるのだろうか?


とりあえずケンはクルマで待機させてお参りに。

20200113_131634.jpg


これまで守っていただいたお守りをお返しして、新しいお守りを戴きます。

授与所に並んでいるお守りを選んでいたら、隣にいた女性が「こちらのお守りとかをウチの犬のブリーダーさんに送ったりするととても喜ばれますの」と、社務の人と話し込んでいます。

話し込んでる割にはなかなかお守り類を選ばないし、選んだら選んだで社務の人から総額を聞いて幾つか戻す始末。

おかげでお守りを求める人の行列が。

こういうものはケチケチしないでパーンと買いましょうぜ、マダム。


お詣りが済んでクルマに戻ってきたら、警備員の目を盗んでケンをクルマからサッと出して道路まで抱きかかえて散歩へ。

そして鳥居の前で記念撮影も。

200113_12.jpg


多量の放尿も済ませたことですし、家に帰ります。

その滞在時間10分ほど。

まさに弾丸ツアーです

ケンを連れて関東方面に行く機会も増えたせいもあって名古屋くらいならもう何でもない距離になってしまいました。

それに軽バンが意外と運転していて疲れないんです


帰りも家までノンストップで走ろうかとも思ったのですが、三連休の最終日だし時間的に渋滞多発ポイントでは渋滞が発生してるかもしれません

なので渋滞発生ポイントの手前にあるPAに入って休憩をとっておきます。

200113_18.jpg


PAの端には芝生で覆われた小高い山なんかもあるので、ブラブラと散策します

ここで小さいほうも大きいほうも出したのでもうケンは家まで大丈夫です。

200113_26.jpg


ここから先は渋滞覚悟で出発したものの、ちょっとのことで時間が早かったのか渋滞に遭うことなく家まで帰ってきました。

動物病院に通う回数が増えてきてるケンですが、今年もお参りできたことだし病気平穏で過ごせますように・・・




うっとり

お正月はもう寝正月というくらい、のんびりゆっくり出来ましたけど

今週も後半辺りからやたら小忙しくなってきました

毎度のことながら「忙しくなってきたなぁ~」と感じ始めると、連鎖するように次から次へと湧いて出てきます。

う~ん、寝不足です

寝つきが悪いのに寝不足、これ、地味にキツいんです


ケンはと言いますと

200111_01.JPG


家では好きなように遊んで過ごし、バッチリ寝ているので元気です

特にこの数日は元気で散歩だって小走りです。

200111_04.JPG


それは散歩の時に親戚宅へ寄り道してから。

ケンが仔犬の頃から可愛がったりしてくれる親戚の老夫婦宅に散歩のついでに大変遅い年始の挨拶をしに行ったんです

そしたらもうケンが大喜びで、1時間ほど居たのですが帰る時には私が引くリードに抵抗したほど。

で、この帰り道からケンの足取りが急に軽くなって力強くグイグイと歩くように


不思議な話ですが、ここのお婆さんが不思議なパワーみたいなものを持ってるんです。

去年の秋も急にウチに来て「おじさん(私の祖父)が夢に出て、ちょっとえぇ事あったんやと言うてビールを手に持ってんねん。そやからビールを(仏前に)供えに来てん」と言ってビールを供えてくださいました。

実はこのお婆さんが来る数日前、永らく関係が悪かった身内とビアホールで飲んだんです。

そんな事、誰にも話してません。

だから私もお婆さんの話にビックリしましたけど、この人はそういうことがよくお有りなので


ケンだって昨年12月だったかな、ここでも散々書いた腰のダメージでまだ歩き方に不安を感じてた頃にこのお婆さんがウチに来てケンを可愛がってくれたら・・・

そこから目に見えて回復スピードが上ったんです

毎度のことながら不思議ですが。


普段は道端とかでしかしないのに元気が有り余ってるのか、道路の真ん中でトイレ。

それも目の前を人が通り過ぎたところで。

200111_05.JPG


これ、大変珍しい光景です

200111_07.JPG


そして満足気な表情で家に帰って行ったのでした

200111_10.JPG



さて、昨日から幕張メッセで『東京オートサロン』が開催されてる訳ですが、

クルマ好きとしては会場に足を運びたいイベントです

始まった当初と違い、今や自動車メーカーまで多数出展するほどにまで成長した『東京オートサロン』。

今年の目玉はやっぱりこのクルマの発表でしょう。

トヨタのGRヤリスです。

20200110-toyota-gr-yaris.jpg


ちなみに通常のヤリスがこちら。

web-cartop_21-2-680x453.jpg


エクステリアを比較しただけでもフロントバンパーからフェンダー部の膨らみ具合、それにドア数まで違いますけど

中身というかパワートレーン系はもう全く別物。


搭載されるエンジンは1.6リッターの直3DOHCターボで272ps/37.7kgmという代物で、6MTで任意に選択できる3つのモードを備えた4駆という組み合わせ。

エンジンだけでも唸りたくなりますが、4駆システムだって普段はFFで滑りを感知したら後輪も駆動するなどの生活4駆とは違ってガッチリとしたフルタイムです。

前後の駆動配分はモードで変えられますが常に4駆で、それらは走るステージによって速く楽しく走らせるためのもの

おまけに私の大好物であるMTのみ

それらは全てラリー競技を見据えて開発された代物です。


以前のトヨタでは考えられないようなクルマですし、限定販売ではないとのこと。

これはちょっと欲しくなりますねぇ

今乗ってるゴルフRより楽しそうです。


値上がり

前回のブログで書いたように、昨日は朝からすんごい風が吹きまくってました。

200108_01.JPG


外は帽子なんぞを浅く被ってたら確実に飛ばされそうな強風です

ですが雨は降ってないのでケンも足取り軽く歩いてます

200108_03.JPG


そしてトイレ。

200108_06.JPG


で、また対岸の河川敷には犬の姿が

200108_07.JPG


ケンが気付いたのがトイレをし始めてからだったのでセーフでした

その前だと・・・

犬が気になってトイレの事が頭の中から消えてしまいますからね。

消えちゃうとまた思い出してくるまで延々と歩くことになります


動画でなく画像(静止画)なので解り辛いかと思いますが、ススキのしなり具合で風の強さが伝わるかと。

200108_08.JPG



そんな強風がふくなか、ケンをシャンプーに連れて行きます。

強風なのでお店に向かう道中、周りに遮蔽物が無い堤防を走ってると軽バンが揺れる揺れる

ハイエースもスーパーロングのハイルーフだけに横風に弱いですけど、こちらは対策としてリアスタビを組んだりしましたので今では軽バンが1番怖いかも?

一昨年の台風の時にニュース映像で軽バンが転がったりするのを観ましたけど、実際に軽バンを所有したら解ります、強い横風を受けたら簡単に転がるでしょうね


シャンプーが終わって奇麗にしてもらったら、帰りは隣町の河川敷に寄り道です。

200108_25.JPG


するとやっぱりすぐトイレですわ

200108_12.JPG


それもガードレールが無かったのでトラロープを潜ってのお気に入り?スタイルで。

200108_17.JPG


このあとものんびりと河川敷を歩きたかったものの

200108_19.JPG


風が強いのですぐ引き上げたのでした


こんな感じで深夜になってもまだ風が強かったので、散歩には出たもののすぐ引き返して帰ろう訴えてきます。

私もそれに同意してすぐに帰ってしまったら・・・


今朝はやっぱり

200109_03.JPG


外に出た途端、たんまりと。

よくあるパターンです

軽くなった体で機嫌よく歩いていたのですが

200109_06.JPG


帰り際に

200109_08.JPG


普段の散歩コースから逸れていくケン

200109_09.JPG


ここを進んでいくと高速道路沿いに出ます。

しばらくお出掛けしてないものだから、また恒例の「どっか連れてけ」アピールかと思いながらついていくと・・・

200109_11.JPG


2度目のトイレがしたかったのでした。


トイレが済んだら高速道路が見えるところまで向かうどころか

200109_15.JPG


何の執着もなく引き返して家に帰って行ったのでした

そのまま家まで帰る道ですればいいのに・・・

トイレには何かと細かい拘りがあるんです、コイツには



それはそうと・・・

昨夜はネットでサークルとかを検索したりしてたのですが

驚いたのが、どの商品も軒並み大幅値上げしていること

中でもケンが現在使ってる大型サークルの値上がりっぷりたるや、思わずモニタを二度見したほどです

zy805010.jpg


以前は大きいサイズの上に価格が安かったので購入し、現在は2代目を使っているわけですが、2代目を買った時には初代よりもほんの少し値上がりしてました。

ですが初代は未塗装の金属剥き出しだったものがバージョンアップされて塗装されたりしていたので値上げ分を加味しても実質、とてもお買い得だったんです

ところが、昨夜調べたら2代目と比べても2.5倍は価格が上ってたんです

mesh2.jpg


初代と比べたら3倍以上の値上がりです

2代目と比べて網の形状が変わってたりクオリティも上ってるかとは思いますけど、それだけで3倍近く高額になっているのはなぁ・・・

「安いから経年劣化してきたら補修せずまた新しいのを買えばいいわ」と思ってたのに。

こんなに値上げされたらもう自分で溶接したりして補修しながら使うしかありません


そしてケンが仔犬時代に使ってたサークルだって私の記憶だと最低1.5倍は価格が上ってました

ケンみたいな目を放したら何をするか分らないような子には広めのサークルがあると色々と便利なんだけど、全般的にこれだけ値上がりするともうお金持ちしか買われへんやん

と、嘆きつつも買う時には買いますけどね。

リミット

天気予報通り、雨

いや、予報より早い時間から降ってるよなぁ~

200107_02.JPG


雨はホント気分が滅入ります

ケンは雨嫌いだし、私も低気圧が接近すると古傷が疼いたりもするので嫌い。

まぁ私の雨嫌いは外で遊べなくなってしまうという理由で幼少期から嫌いですけど。

そんな雨の日は私にとって初めての友達であった秋田犬のクロが相手をしてくれてたっけ・・・


なんて思い出に耽ってる場合ではありません。

これは明朝の予想天気図なのですが

WM_ChartF24_20200107-090000.jpg


なんか台風みたいなことになってます

明日はケンをシャンプーしてもらう日なんですけど


雨が降るなか、散歩に出ます

こういう天気だと雨嫌いのケンは高速道路の高架下(雨がかからない、路面が濡れてない)を選んでトイレをするわけですが

200107_03.JPG


こんな日に限って、対岸の高架下では若いラブさんが楽しそうに走り回っておりました

ケンはラブがいっぱい居る訓練所で合計1年近く過ごしてたのでラブは慣れている筈なのですが

ラブを見掛けると興奮しがちに

雨のこんな日にはここでの排便タイミングを逃してしまうと、ズブ濡れになりながら相当な距離を歩いてやっとトイレ・・・

なんてことに陥ることも少なくありませんので、飼い主はちょっとヒヤヒヤものでした

すんなりと出してくれたので助かりましたが。

200107_08.JPG


ラブ特有の無邪気にはっちゃけるような感じがケンをそうさせるのでしょうね。

ラブと言っても穏やかな子はその限りではありませ・・・いや、あの置物のように穏やかなHさんところのKちゃんにもご迷惑をかけたことがあったよなぁ~

それも競技会の会場で


だけどラブがたくさん居る訓練所でながらくお世話になっているせいもあってか、飼ってみたい犬種ではあります。

訓練能力が高くて、ケンのような荒くれ者ではなく温厚な性格(これが大事)ですから、楽しみながらトレーニングが出来そうな気がしまして

ケンが大変だっただけに、憧れです。

200107_09.JPG


大変だっただけにケン1頭で数頭分のスキルが身についたような気もしますが。

今となっては感謝です



荒くれ者と言えば、

SNSを通じて昨年末に知った、ケンといい勝負をしているキャトルくん。

soon_01.jpg


里親さんをお探しだったのですが、明日辺りに今後のことが決まるそうです。

キャトルくんには何の罪もないだけに、彼にとっていい方向に向いてくれればいいんだけど・・・


お話を聞く限りではケンに近い性格みたいなので、誰にでも里親さんにという訳にいかないのがなぁ~

荒くれ者の飼育や訓練経験があるような、いや、せめて各種競技会などに指導手として出てた人だったら・・・

って、Sさんか俺の事やんけ

その”俺”、なんも出来てないよなぁ

色々と考えさせられます。

遅い初詣

年が明けてから曇りの日はあっても雨は降らなかったのですが・・・

200105_02.JPG


とうとう降ってきました


ま、でも本降りと言うほどではないので傘も持たずに散歩へ

堤防に上がると対岸の河川敷を眺めながらのトイレ。

200105_03.JPG


暖かくなってくる頃にはプラーを追いかけて走り回れるように筋力体力を戻してやりたいところです。

たまに遠くまで歩きたがって、そこそこの距離を歩いた後でもケロッとしているので体力はさほど低下してないようですが・・・

腰がなぁ~

まだちょっと気になるところがあるというか、河川敷などで走り回らせるには不安な部分もあります

なんで剥離骨折したのかいまだに不明の左前足首の負傷が悔やまれます

これが全ての発端ですからね。


お前、私の寝室でどうやって前足首を痛めたのかね?

200105_04.JPG


そう言えば、随分前に『それは秘密です』って番組があったなぁ~

司会の桂小金治の「推理と思い出のご対面、それは秘密です!」というセリフで始まるこの番組。

C4-vMf4UMAAdksM.jpg


番組の終盤では視聴者からの依頼でずっと探していた家族や親せきを番組サイドで探してスタジオにて再会するコーナーがありましたが、桂小金治の貰い泣きっぷりたるや・・・

この番組は私の祖父がよく観てまして、祖父ももらい泣きしてたものです

のちに島田紳助司会の『バラ色の珍生』という番組にてこのフォーマットが使われるわけですが、桂小金治同様、島田紳助もよぉ泣いとった

EEsL8YIjmDRLsyj_5drKO_469.jpg


紳助氏も芸能界を引退してもう10年近く経つのか・・・

この人のフリートークは面白かったなぁ~

中でも明石家さんまとのトークは最高でした

リスナーからのハガキも読まず、コーナーも飛ばしてひたすらフリーで2時間喋っていたラジオ番組も本当に面白かった

これに匹敵するのは伊集院光の深夜ラジオ番組くらいでしょうか。


おっと、思いっきり話が脱線して明後日の方向に行ってましたね

200105_08.JPG



で、何故、天気予報でも曇りだったのに雨が降ったのかと言いますと・・・

昨日、久し振りにハイエースを洗車したから。

20200104_150422.jpg


車体がデカくて洗う面積も広いのもあって、もともとあまり洗車しないハイエース(それが判ってたので汚れが目立たないボディカラーを選びました)。

それだけにたまに洗車すると高い確率で雨が降るんですねぇ~

同様にケンがシャンプーしてもらう日も高い確率で雨が降りますが(今月も当日の予報は雨になっています)。


そして今日になってやっと近くの氏神さんへ初詣に行ってきました。

20200105_135316.jpg


この7~8年は初詣の時にご祈祷もしてもらっています。

それもあって初詣客も落ち着いてきたであろう、5日とかにお参りするわけです。


神主さんが支度をされているあいだ、私はぼんやりと景色を見ながら待っているわけですが、

山の中腹にあるこの神社からは町が一望できます。

20200105_135332.jpg


左手奥に見えるのは京都市内、そして右手に見える小高い山に生えてる竹がエジソンが電球のフィラメントに使われたそうです

町内にあるウイスキー工場の企業CMに使われそうな景色です。




京都郊外って、ウイスキー工場がある場所は大阪なんですけどね。


帰ってきたら今日も隣犬2号の姿が。

P1050401.JPG

P1050403.JPG

P1050407.JPG


ん、よく見たら毛が焼けてる部分が増えてないか?

以前はもう少し白かったような・・・

P1050409.JPG

P1050411.JPG


う~む、子供が親を選べないように犬も飼い主を選べないからなぁ~

自分で人を選んだのは野良のシンデレラくらいか。

P92587352.JPG


シンデレラは猫だけど


さて、今日で正月モードも終わり。

明日からまた頑張るとするか。



三が日

年が明けて3日目、ケンの相手をしてのんびりと家で過ごしてます。

そろそろハイエースを洗わねば

ケンもお正月モードに入ってるのか、トイレのサイクルが少々乱れ気味に

200102_06.JPG


年の始めからめでたくケンに後光が差してますね

いつものように堤防をブラブラと歩きます

200103_08.JPG


すると初詣に参られると思われる親子連れの姿が。

200102_07.JPG


この道を山手に上っていけば地元の氏神さんがあるので、お正月のこの時期は参拝される方々がたくさん歩いてるのですが、

ん?そう言えば今年は破魔矢を持って歩いてる人の姿も見てないし、参拝する人の数も少ないような・・・

いやいや、私がこのお婆さん、お母さん、お嬢さんが並んで歩いてる姿に目が留まったのは

P1020361.JPG


3人とも頭部まで防寒された姿だったこと。

お母さんがダウンコートのフードを被ってらっしゃるというのはたまに見かけます。

が、お婆さんはマフラーで懐かしの真知子巻き、かわいいお嬢さんはお婆さんのかな?のスカーフにてアレンジした真知子巻きという姿

ウチにある古いアルバムに祖母と祖母の姪、そして姪の娘さんの3人が同じような感じで真知子巻き姿で写っている写真があるのを覚えてる私はそれを思い出しながら眺めていました。

ちなみに上の画像に写っているお嬢さんと当時似たような年齢だったと思われる祖母の姪っ子のお嬢さん、現在はお孫さんもいらっしゃいます。

200102_10.JPG


そんなことを思い出しながら家に帰ってきたら

20200102_133422.jpg


隣犬2号が年始の挨拶にやってきました

20200102_133429.jpg


おっ、正月だから奇麗にしてもらったのかと思って柵越しに相手していたら

前足から後ろはそのままでした

20200102_133444.jpg


あ~、シャンプーしてブラッシングしたい。

けど、この子は軽いあいさつ程度しかお付き合いが無いお隣さんの子だからなぁ~

すまない、来世に期待してくれぃ



で、昨夜は試写会的なところで『フォードvsフェラーリ』をチラッと観る事が出来ました。

P-4520.jpg


オープニングから暫くは観られなかったのが残念ですが、なかなかの作品でした。

ただ、今どきのハリウッド作品だけにこの実話をな~んにも知らない人でも楽しめるようになってます

もちろん、知っているクルマ好きも楽しめますが。

惜しいのはレースシーンの映像でしょうか。

CGを思いっきり使ってるんだから、せめて『デイズ・オブ・サンダー』くらいの迫力ある画が観たかった

なんかねぇ、臨場感や緊迫感が思ったほど感じられなかったの


でもケン役のクリスチャン・ベイルは良かった

『バットマン ビギンズ』などのマッチョな感じから一転、細身でクセのあるドライバー役を見事に演じてました。

X7c.jpg


シェルビー役のマット・デイモンを完全に食ってました。


それはそうと、ここでも何度も書いてますが・・・

いい加減、試写などの観た後であろう素人のような輩を使って「すごく良かった」「感動しました」などと感想を言わせてるのをそのまま流すCMは止めてくれないか。

これを観た途端、久々に劇場へ行こうかという気持ちが失せてしまいます。



年末年始

いつ頃からだろう、お正月という実感が湧かなくなってきています

独り者なので仕方ないかとは思ってますが、今年はとうとう”おせち”もオーダーしませんでした。

節約です

年末に正月の三が日過ごせるだけの食材を買って・・・

って、数年前には徒歩圏にコンビニが出来たので買い込む必要すらなくなってきましたが

テレビを観て番組内容で「大晦日か~」「正月なんだな」と感じる次第です


と言っても大晦日は例年よりも早いペースで家の事を片付けていけたので”一食目が夜の10時”なんてことにはなりませんでした。

くそデカいハイエースの洗車を断念したのも大きかったです。


その大晦日。

気持ち的にはコイツの手も借りたいほどなのですが

191231_09.JPG


無理だわなぁ~

191231_12.JPG


散歩から帰ってきたら家の大掃除です。

まずは玄関先から家の周りの掃き掃除を。

そのあいだケンは

191231_14.jpg


縁側で自宅警備をしておりました

コイツが唯一、自発的に行っているお手伝い?です


縁側は暖かそうでいいですな。

外は風が強くて余所から落ち葉が飛んでくるわ、塵取りに集めたゴミは風で飛んで行くわで捗りませんでした


外の掃除が終わったら玄関や勝手口にしめ縄を飾って、今度は家の掃除です。

ここでも新兵器、ダイソンの実力をみせてもらいましょう

大掃除だけに普段はテキトーに掃除している仏間や座敷なども念入りにお掃除。

ん?掃除という作業を楽しむ感覚で付属の色々なヘッドを取り換えて掃除していると思いの外、細々したところまで奇麗に掃除出来るではないか

ただ、ムッチャ時間はかかりますけど


そして今年最後の掃除は前日も軽く掃除したケンの部屋。

191231_13.jpg


サークルを分解して、トイレトレーや床も念入りに消毒して洗浄します。

そして奇麗になった床をめくり上げて、掃除機でその下まで念入りに掃除


なんとかテレビで『笑ってはいけない』シリーズが始まる時間帯に全て終えることが出来ました


昔はカウントダウンイベントに行ったり、初日の出を観に行ったり、U〇Jの対岸でUS〇のイベントで打ちあがる花火をタダ見したり・・・

と、家で過ごすことはなかったのですが、ここ数年はもう出掛けることはなくなりました

近所のスーパーで割引していたお寿司と鍋焼きうどん(年越しそばはお昼に食べました)で酒をひっかけながらの一年最後の食事です

食事の間、ケンは自分の部屋で待機です。

191231_15.jpg


私の食事が済んだらケンを部屋から出してきたのですが、キッチンに入ってきてもすぐにゴロン。

191231_16.jpg


犬用の敷物より遥かに安かった人間用の毛布で丸まりはじめちゃいました。


そして寝室の扉を開けてやるとそちらに移動して今度は私の掛布団でスヤスヤと

191231_18.jpg


ふわっふわの羽毛布団だけにケンはめり込むような感じになって爆睡中。

191231_19.jpg


そうしているうちに向かいのお寺から除夜の鐘が聞こえてきました。

家にいる時はお参りして突かせてもらうんですけど、今回の『笑ってはいけない』、蝶野選手の登場が遅い

例年なら23時くらいには登場して月亭さんをビンタするので、それを観たらお寺に行くという流れなんだけど・・・


そうこうしているうちにケンがいいタイミングで起きてきまして、今回もバッチリ制裁ビンタシーンを観ておりました

191231_21.jpg


これを観たかったので今回は初夜の鐘も突けず仕舞いの年越しとなったのでした



年が明けた今朝

元日は毎年同じ場所で撮っているので今年も河川敷へ。

200101_09.JPG


前足を負傷して以来、途中でUターンするような散歩コースになっているので今朝も引き返すかな?と思ってたんですけど、意外にもすんなりと歩いてきました

寝起き時に久しぶりに腰を反るような”のび”をしようとしたので(途中までで止めてましたが)、腰の具合もいいのかもしれません


河川敷に着いたら撮影場所の川っぺりへ。

200101_15.JPG


番のカワセミも飛んでいたのでいいことありそうです

そしてケンは新年の誓いを叫んでました。

200101_14.JPG


怪我や病気に負けませんように。


撮り終えたらちょっと移動して、ケンをフリーにさせてみました。

200101_17.JPG


離れたところから招呼の指示を出してみます。

200101_18.JPG

200101_19.JPG

200101_20.JPG


嬉しそうに駆け寄ってきましたが、その姿に以前のような躍動感は見られませんでした

やっぱり2か月以上の安静が響いてるよなぁ

ま、競技会などに出るわけではないので、体調をみながら焦らずゆっくりやっていきましょう

200101_21.JPG



お家に戻ったら仏間にて新年のご挨拶。

200101_23.JPG


コイツはあちらに居る人たちからも気をかけられ、守られています。


そしてその横で頭に鏡餅を乗せてお正月らしい一枚を

200101_37.JPG


勤勉なケンは元日の行事?が済んだら再び自宅警備に就くのでした。

200101_38.JPG



そんな訳で昨年までと同様、駄文しか書けませんが今年も宜しくお願いいたします




もう晦日ではないか

天気予報どおり、今朝は雨

晦日というバタバタしている時に雨とはなぁ~


朝はとりあえず散歩です

191230_03.JPG


夕方ならクルマで隣町の高架下へ、深夜なら散歩中止の降りようですが、朝は土砂降りでもない限りそのまま散歩です。

191230_05.JPG


と言いますのも、朝はよほどでない限りトイレをしてくれますんで

191230_08.JPG


雨の日はこれが目的なんです。

191230_15.JPG


飼い主だって雨は嫌いです

お互いテンションが上がらないまま家に帰ったのでした。

191230_20.JPG



で、今日と明日は家の掃除です

とりあえずケンの部屋から。

ダイソンで気合を入れてカーペットに絡みついたケンの抜け毛を掃除します。

が、音のデカさにケンは逃げる逃げる

キッチンのテーブルの下に潜ってしばらく出てきませんでした

ケンが掃除機を怖がるのはこれが初めてです。


機械工具ばりの音を出すだけあって物凄い吸塵力でして、粘着テープのコロコロ(正式名称知らず)をかけずにこれほどカーペットが奇麗になるとは・・・

驚きです

191230_23.jpg


6帖ほどのケンの部屋を掃除しただけでクリアビンに溜まったゴミの量はこんな感じに。

20191230_181430.jpg


これまでも歴代、サイクロン式の掃除機を使ってきましたけどケンの部屋を掃除してこんなにゴミが溜まるのは初めてです


ただ、カーペットに絡みついた毛を取るのに特化したようなブラシを使い、モードを強にして掃除をしてたら、まるで床に電動カンナをかけているように錯覚するほどの重さに

吸塵力の強さと引き換えとは言えど、この重さはなぁ~

私の母が存命なら「こんな重たい掃除機使ってられへん」と言ってたことでしょう。

こういったところが気軽に「いいですよ」と言えないところなんですよね

イギリスの会社だけにクルマでいうところのクセのある輸入車みたいとでも言いましょうか。

国産車、特にトヨタ車みたいに誰もが運転し易くて・・・みたいな感じではなく、それこそ一部のイギリス車みたいに凄くよく走るんだけど乗り味はクセがあるし回転を合わせないとシフトチェンジもうまく決まらないわ、電装系は弱いわ、みたいに長所と同じくらい短所がある代物です。



で、前回のブログで書きましたように、洗ったホイールが雨で汚れる前に軽バンのタイヤをスタッドレスタイヤに交換しました

昨夜のそこそこ遅い時間から投光器も使って作業を始めたので、ガレージの前を通る人は「何をしてるんや?」って表情で通り過ぎてました。

20191229_211438.jpg


軽バンだけにタイヤも軽いし交換作業も楽なのですが、交換作業のついでにとあれこれ手を加えたりしてしまうので時間がかかってしまいます

これでもう降雪どころか積雪があっても大丈夫

だけど今のところ暖冬傾向だし、果たして雪は降るんだろうか?


と言うことで、これが今年書く最後のブログになるかと思いますので

皆様におかれましては良いお年を・・・

小忙しいぞ

ふぅ~、なんとかケン専用車の軽バンとゴルフの洗車が出来ました。

出来ればハイエースも洗いたいんだけど30日は雨みたいだし、これは年が明けてからでいいかな

それよりも例年の交換時期より遅れているスタッドレスタイヤへの交換をしなければ

洗車してホイールも奇麗なうちにスタッドレスタイヤと交換して春まで保管したいんです。

だから作業は明日しかありません。

他にも残っている家の事をやっつけないといけないし、冬休みで口を開けてぼんやり過ごしている友人の子供でも見繕ってバイトに雇いたいほどです。

ケンは近くに連れてきたところで邪魔しかしませんからね

191227_03.JPG


朝の散歩に出掛けると、秋にずっと撮っていた堤防沿いの桜の木も見事に枝だけの姿になりました。

191228_05.JPG


年末の週末だけに堤防はジョギングしている人やロードバイク(自転車)で近くの山岳路を走る人たちが結構います。

私の場合、ロードバイクに乗るのは春の後半から夏場だけですが。

寒くなってくると汗をかいた後に体が冷えて風邪をひくんです、私

一応、冬用のジャージやパンツ、グローブなどは持ってるんですけどね。


そんな人たちを眺めながらブラブラと歩きます

191227_10.JPG


私を急かして歩かせる割には最短コースで家に帰ろうとするケン。

ちゃっかりしてると言うか、朝ドラ観たさに早く家に帰りたかったのでしょう

191227_11.JPG



そうそう、先日書いたブログで里親を募集しているキャトルくんのことを書きましたが

so-on1.jpg


その後、キャトルくんのトレーニングをされてるトレーナーさんやご一緒に保護活動をされてる方からメッセージをいただきまして、お話させていただく機会がありました。

やっぱりキャトルは人を呼ぶ(人と人を繋げる)犬だよなぁ~

この言葉は昨年、woofでのケンやKさんところのEくん、Jくんと合同誕生日会(何度も書いてますが生まれ年は違うものの偶然にも誕生日は同じ)をした時にKさんが私も面識があるキャトルの有名ブリーダーさんが言ってた言葉として話して下さったものですが、

私もケンを飼うようになってからそのことはよく感じています。


肝心のキャトルくんの様子ですが、トレーナーさんからのお話によると・・・

これまで劣悪な環境下で過ごしてきただけに訓練的なものは入ってないようで、その行動はまさに訓練を入れる前のケンそっくりでした

それだけにトレーナーさんがいらっしゃったのは本当に良かったと思います。

ケンと似ているだけに、例えば保護団体の一般的な預かり担当の方だと恐らく手に負えなかったかと。

一例として予告篇なしでいきなりスイッチが入って攻撃的になったりすると、素人ではまぁ制御できずに身体のどこかから血が噴いていたことでしょう

これも様子をずっと見てたらスイッチが入る瞬間が判るようになり、なぜスイッチが入るのかも解ってきたりもするのですが、こんなのは相当な荒くれ者を訓練してきた実績があるプロでもないかぎり素早く見抜けません。

それに素人で犬を本当に叱ることが出来てその10倍は褒めることが出来る人ってなかなか居なかったりするんですよね。

外に出たら散歩している姿を見掛けるような犬はふつう、ここまでの事をする必要はないでしょうし。

保健所などの施設だとこういった攻撃性から譲渡対象にはならず処分されるケースもあるかと


当然、ズブの素人である私は心身共に痛い目に遭ってきて現在に至るのですが・・・

これまでのことを笑い話のように話せるようになるまで何年かかっただろう。

それもお世話になってる訓練士さんを筆頭に色んな方々のお力添えがあってのものです


ただ、キャトルくんは成犬になって何年も経っているものの、インスタにアップされていたトレーニング時の様子や表情などから察する限りでは歳の割にはケンよりは素直かも?なんて感じたりもしています。

ケンはウチに来た頃には仔犬なのに既にスレていて、ダークサイドに堕ちたような目をしてましたからねぇ。

実際、仔犬らしい無垢さや素直さもありませんでしたが。

後にダークサイドに堕ちてダース・ベイダーとなるアナキン・スカイウォーカーだって子供の頃はピュアだったというのに・・・

ウチに来るまでにケンはどんな目に遭ってきたのだろう?


ともかくキャトルくんは”運”を掴みました。

キャトルくん、キミがようやく掴んだその運、必ずものにするんだぞ

キミより遥かに荒くれ者であろうキャトルの飼い主として応援しています。




今年も残すところ…

スケジュールの都合で12月の初めに急きょ予定に入った案件と年賀状もポストに投函でき、ちょっと気分が軽くなりました

が、今朝は雨

天気予報によるとこれから年末にかけて何度か雨が降るみたいだけど・・・

雨が降ったら洗車出来へん

可能なら3台とも今年中に奇麗にしたいのですが、軽バンとハイエースの2台だけでも洗いたい。

あ、軽バンは洗車してタイヤやホイールが奇麗なうちにスタッドレスタイヤに交換せねば。

あと家の掃除も残ってるし、また大晦日はバタバタしそうです


相変わらず雨が嫌いなケンは勝手口の上り框から外を見ています。

191226_01.JPG


雨だって朝に関しては土砂降りでもない限りトイレをしてくれるのでそのまま散歩へ

191226_06.JPG


ですがトイレをするのは高架下の雨がかからない場所。

191226_07.JPG


拘りがあるようです

191226_16.JPG


その後もテンションだだ下がりのまま歩いていると

191226_20.JPG


ここでスイッチを入れてくれる使者?が登場です

191226_23.JPG


おかげで家に戻っても元気元気。

走り回っておりました


走り回ると言えば、年明けに面白そうな映画が公開されますね。

タイトルは『フォードvsフェラーリ』

main_visualFvsF.jpg




1966年のル・マン24時間耐久レースで絶対王者フェラーリに挑んだフォードの男たちを描いたドラマ。
ル・マンでの勝利を目指すフォード・モーター社から依頼を受けた元レーサーのカーデザイナー、キャロル・シェルビーは常勝チームのフェラーリ社に勝つため、フェラーリを超える新しい車の開発と優秀なドライバーの獲得を必要としていた。
シェルビーは、破天荒なイギリス人レーサーのケン・マイルズに目をつけ、一部上層部からの反発を受けながらもマイルズをチームに引き入れる。限られた資金と時間の中、シェルビーとマイルズは力を合わせて数々の困難を乗り越えていくが・・・。

という実話をもとにしたストーリーですが、この話は私でも知ってるくらいなのでアメリカ人(のクルマ好き)なら誰もが知っている話でしょう。

凄い映像と迫力ある音響でしょうから劇場に行く価値はありそうです


ただ・・・

これにちょっと似た実話は日本でもあるんです、4輪じゃなく2輪ですが。

’70年代、無敵艦隊と言われていたホンダのワークスチームに町工場規模のショップが第1回鈴鹿8耐を決戦の場として戦いに挑むんです。

その人物の名は吉村秀雄。

バイク乗りでは誰もが知っている人物ですし、この話はNHKの『プロジェクトX』でも取り上げられました。

81RwQSjFZ2L__SL1500_.jpg


昔から思ってるんですが、なぜこの話を映画化しないんだろう?

キャロル・シェルビー率いるフォードと当時の王者フェラーリとの格差どころではありません。

ホンダという世界的な大企業に対してスタッフ数名しか居ないチューニングショップですから。

そして戦いを挑んだ鈴鹿8耐で町工場ヨシムラは大企業ホンダに勝つんです

そんな吉村秀雄氏の波乱万丈の半生たるや、バイクのバの字も知らない人でも引き込まれることでしょう

だけど、客が入りそうなアイドル的な俳優有りきで制作されるのが多い日本の映画界では無理ですね


くりすます

あぁ、もうクリスマスイブではないか

そして1週間後は大晦日。

ため息しか出ませぬ


ただ、ケンの足腰は順調に回復してきていまして、危なげない歩き方になってきました

191224_04.JPG


試しに昨日から後足のストレッチを敢えて施してないのですが、動きは硬くなったりしていません。

そして堤防に上がったら対岸の河川敷を眺めながらのトイレ。

191224_07.JPG


年内は大人しくしておいて、年明けくらいから様子を見ながら徐々に運動量を元に戻して行こうかと思ってます。

おっ、ベンチに飛び乗りました

191224_09.JPG


回復ぶりをアピールしてるのでしょうか

ただねぇ、これまで遊んでいた対岸の河川敷は秋の除草作業が済んで以降、あまり遊ばせたくないんです。

これは以前にも書きましたが、刈った雑草の足が意外と長い上に業者が刈ったから(これまではシルバー人材のお爺さんたち)まぁフラットにそして少し長めに刈られてるんです。

これがクセモノでして、フラットに刈られてるから地面の凸凹が見た目では分らない。

ケンも何度かつまずきそうになってますし、私も足を痛めそうになりました

なので折角治ってきたケンが再び怪我をされるようなことがあれば目も当てられませんので、要検討です。


ケンが座ったベンチに私も並んで座り、日向ぼっこです。

191224_12.JPG


クリスマスということで家に戻ったら毎年恒例の撮影を

191224_38.JPG


ホームセンターで買った人間用のコスプレサンタ帽ですが、これだけ毎年被らせて撮影してたらもう元が取れたような気がします


撮影後は不本意そうな顔をして縁側へ行き

191224_39.JPG


暫くしたら惰眠に耽っておりました

191224_44.jpg


そんなクリスマスイブ、

私のInstagramに新規でフォローして下さった方のページを拝見したら、その中にこんな画像が。

so-on1.jpg


許可をいただいてないので画像は思いっきり加工させていただいてますが、暫く見なかった里親を募集しているキャトルです。

で、画像をアップされてるキャトルくんの顔や被毛の色を見ていて感じたのが「どこ出身の子なんだろ?」というもの

日本でキャトルをブリードされてる方なんて多くても一桁台。

だから見たらなんとなく判ったりするんです。

パッと見、被毛の黒さから某有名犬舎出身の子かと思ったものの、顔というか目の感じがちょっと違うような気もします。

いや、あの犬舎の子はもっと黒いわ。

この画像に写っている4頭のうち2頭がそうなのですが、判りやすく黒いでしょ?

170514_49.JPG


年齢からしてケンの出身犬舎の子の可能性も低いしなぁ・・・ いや、最後の子の可能性は少しあるか。

これまで見てきたキャトルの中でこのキャトルくんと一番似ているのが、SさんところのMくんかな(上の画像奥に写っている子です)。

顔や目の感じが似てますし、額の広さや特に横顔なんて・・・

って、そんなことを詮索したところで何にもなりませんが。


このキャトルさんがどんな経緯で里親を募集されるようになったのかは分かりませんけど、救いなのは現在、犬のトレーニングなどを生業とされてらっしゃる方のところで各種トレーニングを頑張っているということ。

ケンほど大変だった子こそ少ないでしょうけど、キャトルは愛玩犬のようなノリでは飼うのが難しい犬種です

キッチリと服従訓練などを入れておかないと、そしてそれが出来る人でないと、ケンを飼い始めた頃の私のように「こんな筈では(汗)」の日々になることも。

この方のもとで色んなことを学んで身につけて、素晴らしい里親さんと出会えるよう願うばかりです


~追記~

短いものですがキャトルくんのトレーニング動画を拝見しました。

さすがキャトルというか、もちろんトレーナーさんの手腕もあるのでしょうけど、招呼や送り出しといった作業課目が出来てました

ちょっと驚きです。前の飼い主さんのもとで基礎的な訓練は経験してたのかな?

もし未経験であれば年齢から考えると相当デキる子です

CDⅠやCDⅡの訓練試験ならちょっと本腰を入れたら合格できることでしょう。

でもこの子はCDよりもオビ向きかな。

ただ、ここまで頭がいいとキャトルくん自身が飼い主を選ぶ(飼い主に求めるレベルが高い)かもなぁ。





で、オッサンのクリスマスイブです

191224_47.jpg


近所のセブンイレブンで買ってきたディナー?です

と言ってもこれから年賀状を作らなければならないし、食べるのは日付が変わってからになるかな



いいじゃん

あ~、何も出来てないのにもう22日。

年賀状、まだ手も着けておりません

必要な枚数の年賀はがきだけは購入済みですが。


日にち薬でゆっくりと回復してきている腰もこの数日で「お、良くなってきたやん」という感じになってきました

191221_05.JPG


後足の稼働範囲も大きくなってますし、動きも柔かくスムーズになってきています

191221_06.JPG

191221_08.JPG


いいんじゃないでしょうか。

この感じ回復していってくれれば、この秋には水に流れてしまったお出掛けを年が明けてからでも検討したいものです

冬なんで移動車は長距離専門のハイエースではなくスタッドレスを履かせた軽バンになりそうですが


しかし、良くないのが検査後の排便サイクルの乱れ

腹部の超音波検査なので病院側の指示で「検査当日は朝に通常の半分ほどのフードを与えるのみで臨んでください」なんです。

当然守りますわな。

すると翌日以降しばらくの間、毎度のことながらケンはすんなりウ〇コをしてくれなくなります


なので歩きます

ついでに1ヶ月ほどは来てなかった河川敷にも降りて、遠目からケンの歩き方をチェックします。

191221_11.JPG


このあとも歩いて歩いて、やっとトイレです。

191221_16.JPG


朝の散歩では年に数回来るかどうかのところまで歩いてきました。

その年に数回というのも全て便絡みなんですけどね

191221_20.JPG


そしてこの日は結局夕方も深夜もトイレをすんなりしてくれず、まぁ歩きまくりました。

ひさしぶりにトータルで10kmほど歩いたんじゃないでしょうか。

足を負傷して以来、こんな距離を歩かせたのは初めてです。


それだけに翌朝は腰にきてるんじゃないか?と思ってたのですが・・・

191222_01.JPG


寝床のサークルから出てきたケンは何と

前足の負傷以来これまでしなかった腰を反るような伸びを見せたんです

まだ完全ではないものの、5割ほどの反りでした

ここまで出来るようになったらこれからの回復速度は速くなりそうです。


調子もいいのか、トイレもすんなりと。

191222_07.JPG


なんだかやる気が漲る表情です

191222_10.JPG


これで飼い主の足を踏んでなければなぁ~


お家に戻ったらブラッシングも。

191222_13.JPG


軽くブラシを入れただけで抜け毛がごっぞりと。

PC220150.JPG


この抜け毛がカーペットに絡むとなかなか取れないんですよねぇ


で、先日買ったダイソンを使ってみました

maxresdefaultD_V4.jpg


確かに脅威の吸引力でこれまでの掃除機では取りきれなかったカーペットに絡んだケンの抜け毛を吸い取ります。

それはもう気持ちいいほど


ですが吸引力が凄すぎてスムーズにクリーナーヘッドを押せないの

だからそれなりに力が要ります

本体だって日本製のモノと比べたら重たいですし。

そのクリーナーヘッドも大きいので隅や隙間を掃除するのは苦手です(そのために数種類のヘッドが付属しているのでしょうけど)

少なくともスリムな女性が済ました表情でこんな画像のようにはできないかと。

brand_02.jpg


今は衰えたものの学生時代に測定した際には握力70kg以上、背筋力は250kgを超えてた私が言うのですから。

出来るというのならこの女性はゴールドジムとかに通って筋力トレーニングに勤しんでらっしゃるのでしょう

ちなみに私はサブでもう1台、軽い掃除機が欲しくなりました。

ケンの部屋を掃除するには歴代最強なんですけどね。


朗報と悲報

うわ~、もう12月も20日ではないか。

親戚などから依頼された年賀状は気合で全て印刷して納品?しましたけど、自分のは手つかずのまま

今年も余裕なしの年末進行となりそうです


そんな昨日は

191219_03.JPG


食いしん坊のケンはフードの少なさにクレームを付けてます。

わかってます、あえて普段の半分以下にしてるんです。


ご機嫌斜めなまま散歩へ

191219_08.JPG


後足もまずまずです。

腰の丸みもマシになってきてます。

と、普段以上に入念にチェックしているのもフードの量を減らしているのも

今日は腹部の超音波検査を受けるため動物病院に連れて行くから

191219_10.JPG


そう、また検査です。

6月頃に暫く受けてなかった超音波検査をうけたところ、脾臓に腫瘍らしきものが見つかりましてね。

それ以降、経過をみるために3か月おきに受けております。

前回の9月に受けた際に腫瘍らしきものは小さくなってきているので「悪性のものとは考えづらい」との診断だったのですが

更に経過観察的に受けることに。


11月に薬を貰いに行った際に検査の予約を入れて本当は先週に受ける筈だったものの、病院側から「急患が入ったので検査日を伸ばして欲しい」と言う連絡が入りまして。

こちらとしては急ぎではないのですぐに承諾して1週間遅れての検査となったのでした。

ま、いつウチが急患になるか分かりませんから、こういうのはお互い様です。


で、当日はフードを量を半分に減らし、万全の体制で動物病院へ。

検査前の診察で前足首や腰の具合も診てもらいます。


剥離骨折した左前足首に関しては獣医さんも「腫れは意識して見ないと分からない程度になりましたね」とのこと。

右前足に出来た腫瘤のようなものも「大きくなったり変化は見られないのでこのまま経過観察で」、

そして腰の方も診ていただきましたが、「もう回復期に入ってるのでお家でされてるケアを続けられたら大丈夫かと」とと言うことでした。

飼い主、ちょっと安心です


診察が済めば検査に移ります。

そのあいだ私は待合室で待っているわけですが、毎度ながら色んなことを考えます。

これまで送った家族3人の検査なども全て立ち会って医者から説明を受けてきたので、慣れている、いや、場数を踏んだがためにネガティブな思考になっちゃうんですねぇ~、これが


検査が済んで暫くしたら診察室にて撮影した画像を見ながらの説明となります。

毎度ながらドキドキものですが・・・

結果は「大きさに関しては前回よりもコンマ数ミリ大きくなっているものの、それでも初回時よりは小さいですし、画像に写ってる色の濃さが随分と薄くなっています」というのもの。

「これならもうこれまでのように次回の検査は3ヶ月後とかではなく、半年とか空けても大丈夫です」とのことだったのですが、

今から3か月後と言えば、ちょうどフィラリアの検査で血液検査をする時期です。

どうせその時期に連れてきて採血してもらうのであればついでに検査もしてもらったほうが飼い主も安心です。

なのでその旨を伝え、毎月薬を貰いに来院するので詳細はその都度話し合うということになりました。


この検査結果に飼い主も旨を撫でおろしました

ケンには家に帰ってたらふくフードを食べてもらいます

191219_12.jpg



そして今朝。

昨日の朝はフードの量が少なかったのをしっかり覚えていて、フードを準備している私の背後でジッと様子を見ています

191220_01.JPG


もちろん今朝は普段の量を食べて散歩へ。

気になってた検査結果も良好だったので、気持ちいい朝です

191220_07.JPG


そして夕方。

ポストを開けて郵便物をチェックしたら、喪中のはがきが届いておりました。

が、そのハガキをよく見たら・・・

えぇぇぇぇぇっ

ラブのAちゃんが亡くなったというものでした

Aちゃんは確かケンより若かったはず。


Aちゃんとは訓練競技会の会場で訓練仲間だったHさんが紹介して下さったんです。

私はその翌年から出陳しなくなったのでAちゃんを見掛けることもなくなったのですが、飼い主さんがブログをされてるので元気な様子はブログを通じて見させてもらってました。

ただ、そのブログも2ヶ月ほど前から急に更新がされなくなったので「どうされたのかな?」なんて思っていたのですが・・・

まさか訃報の連絡をいただくことになるとは


Aちゃんを紹介して下さったHさんも数年前に、そしてそれを追いかけるように愛犬のKちゃんもあちらへ旅立っていかれました。

そして今度はAちゃんも。

そう言えば今年はAちゃんのおじいちゃんにあたるTくんも。

災害救助犬でもあり、お世話になってる訓練士さんの右腕的な存在だったTくんはケンのトレーニングの相手もしてもらってたなぁ~

知っている子があちらへと行っちゃうのはやっぱり寂しいものですね。


掃除機

天気予報どおりと言うか、雨が降りました

そんな昨日は雨のなかクルマに乗ってたんですけど、冬場の雨ってなんでボディが汚れるんだろう?

夏場と違って寒くなると空気が乾燥して大気を舞っている埃がボディに付着しやすくなって、それが雨で流れて一気に汚れたようになるのかな?

これでスタッドレスタイヤに交換したらボディへの水撥ねが更に増えて汚れ放題になるんだよなぁ


まだ雨が降ってきてない朝。

恒例となっている前足首のチェックと後足の動きのチェックから。

191217_06.JPG


まぁまぁといったところです。

足の動きは横から見れば一番判りやすいんですけど、ケンは散歩に出ると基本的に脚側行進を守るので

191217_09.JPG


フツーに歩いてたら後足の動きは見えません

191217_10.JPG


なのでちょっと離れて横から見たりするわけです。

191217_13.JPG


う~ん、腰回りの丸みがまだちょっと残ってる感じがします

これでも安心して見てられるようになってきたんですけど、通常時が10としたら現在は7~8くらいの回復度かな。

立止時の後足にもちょっとずつ自然なものになってきました。

191217_17.JPG


左右のスタンスがほぼ無いときがありましたから

なんて細かくチェックしながら散歩してたらこんなお茶目なことも

191218_07.JPG


アウディTTの真ん前でトイレをしてました。

コイツ、昔からたまにこういうことをするんですよね。

路駐している高級車の前や深夜に停まっているのに何故か軽く揺れているクルマのわざわざ真横でウ〇コをしたり・・・

偶然とは思えません、多分、解ってやってるんだと思います



夕方は雨が本降りになってまして、とりあえず散歩に出てみたものの数十メートル歩いたら全身で拒否をし始めたので、

クルマに乗せて隣町の高架下へ。

191217_22.JPG


クルマを停める側は隣接する某メーカーの自動車工場の照明でこのとおり明るいのですが・・・

堤防を越えて河川敷側に行くと

191217_18.JPG


暗闇です

私が持っているLEDライトとケンが首に着けているLEDライトの明かりだけが頼りです。

こんな暗闇ですが、ここでケンはひと仕事します。

私からすれば不気味な場所ですが、ケンにとっては気味の悪さより雨で濡れてない場所のほうがトイレをし易いようです

出すものを出したら軽快な足取りでクルマに戻ります

191217_20.JPG


そして家に戻ったら雨で濡れた体で腰を冷やさないよう、タオルやドライヤーを使ってケンの毛を乾かしたのでした。


そう、ケンの毛と言えば・・・

ケンを飼うようになってから掃除機の寿命が短くなりまして、また買い換える羽目に


で、今回はコードレスにしようかな?なんて思ったりもしてたのですが、家電店で店員さんと話していたら

「カーペットに絡んだ犬の毛を掃除したりするのなら当然吸引力が強いモードでお使いでしょうから、コードレスだと10分くらいでバッテリーが切れちゃいますよ」

とのこと

それでメンテナンスの容易さなどから店員さんは紙パックを使う掃除機を勧めてくれたのですが・・・

紙パックの良さは判っているものの、恐らく紙パック式だったら掃除する度に紙パックを交換することになります。

だってこれまで使っていたサイクロン式の掃除機で主要な部屋を掃除するのにカップに溜まったゴミを2度以上捨ててるのですから。

そう、それくらいケンの抜け毛は年間を通じて多いんです

なので紙パック式だったら最低月に一度は紙パックのセットを買いにお店に行かねばなりません。


で、サイクロン式のモデルから選ぶと・・・

店員さんの意見も加味したらやっぱりダイソンに。

ダイソンは10年ほど前に買ったことがあるのですが、その当時は作動音の大きさとその割には性能は大したことなかったので国産メーカーのを買い直したんです。

それでその旨を店員さんに確認すると「国産メーカーのと比べたら今のモデルでも音は大きいです、けど吸引力はダイソンが1番です」なんて言ってくるのですから、ダイソンを買っちゃいました

PrimaryVacuumsCylinderCY29IRNKSRDIRFD858914F7E842CE8C5EE72FBDD73472.jpg


高かった

けど、ケンの部屋を掃除したらやっぱりカーペットに絡んだ抜け毛の取れ方はこれまで使っていた掃除機とは段違いでした

色んなヘッドのアタッチメントも付属していてカーペットに絡んだ毛を取るのに特化したものを使うとよく取れます。

が、掃除機を怖がらなかったケンがダイソンで掃除を始めた瞬間、目の前から逃げていったほどの作動音のデカさは健在でした

ウチのように隣家と距離がある一軒家とかだといいけれど、マンションや隣家と距離が無い分譲住宅とかだと朝の早い時間や夜の遅い時間に使うには躊躇いそうです

あと、相変わらず重いですねぇ。

私はあまり気になりませんけど、重いと感じる人も多いかと。

華奢な奥様とかだとコイツを二階に持って上るのはちょっとキツいかも。

逆に言うとダイソンはこの2点を改善したら更に売れると思います。

この辺りは日本の一般的な家屋を知り尽くした国産メーカーの製品はよくわかった作りになってますんで。


ダイソンよ、高かったんだから3年とかでブッ壊れるのは無しだからな!



引き取り

天気予報を見ると明日からしばらく雨が続くみたいで・・・

今年の夏前から予報がコロコロと変化する上に外す回数がグンと増えたYahooのお天気アプリの予報なので信用度はちょっと低いですが

けれど数日前から私の古傷が疼いたりしているので、雨が降るのは確かです。

おまけに疼いた箇所からして、ひょっとしたら雨天が続いた後には冷え込んでくるかも?

今シーズンはまだ冬本番という冷え込みがないので(あくまでウチ周辺地域でのはなし)、軽バンもまだスタッドレスタイヤに交換していません。

例年だと今頃には交換作業してるんですけどね。


これまで寒さにも強かったケンですが、3年ほど前に冷えから坐骨神経痛が発症してからこちら、寒くなっても暖房が効いた部屋でぬくぬくと過ごしています。

191216_01.JPG


贅沢な暮らしをしています

けど、坐骨神経痛には飼い主も頭を抱えさせられましたからね

毎朝、激痛と戦いながら立てるまで5分ほどかかるのですから。

あの姿を見てたら、そして通院費を考えたら、暖房費なんて安いものです。

そして今年も前足首の負傷がきっかけで腰の具合まで芳しくない状態に


しかし3日ほど前からたまに腰を伸ばそうとする動きが見られるようになってきました

見られるだけでグイッと腰を伸ばす姿勢まではまだできてませんけど。


日々のケアも効果が出てきてるのか、後足の動きも徐々に違和感が無くなってきています。

後足も随分と後ろまで伸ばして歩けるようになってきました

191215_04.JPG


こうしてフリーでケンを前に歩かせないと後足の動きって判りにくいんです

一応、散歩では脚側行進がデフォルトとなってますので、この状態だと後足の動きはチェックできません。

だから気付くのが少し遅れてしまったんですよね

はじめは前足の負傷をから”安静”を優先して歩く距離を大幅に少なくしてたものですから、「筋力が低下したのでは?」なんて思ってたほどですから

それで実際に河川敷でフリーにして遊ばせて、後足の動きを俯瞰で見て「あ、コイツ腰ヤッとるわ」と初めて気付いたわけです。


そんな訳で少しずつ歩き方がマシになってきているケンを見ながらの散歩です

191216_11.JPG


横断歩道を渡る前には周囲の安全を確認して

191215_11.JPG

191215_10.JPG


偶然にも2代目ケン専用車であったエクストレイルが目の前を通り過ぎていきました。

厳密に言うとウチのはハイブリッドで目の前を通過したのはルールレールが付いたガソリン車だったりするのですが。

ケンの反応は面白かったです

191216_13.JPG


キミのクルマはもうエクストレイルじゃないんだよ。



さて、ショップへ車検に出しているハーレーですが・・・

昨日、「明日の夕方には完成の予定です」との連絡が入ったので

「明後日から天気が悪い日が続きそうなので明日中に引き取りに行きます」と返信したのでした。

ショップ側からしたら明後日以降の方が良かったみたいだけど、20年以上のお付き合いなのでそこは頑張ってもらいました


ショップにて代金をお支払いしてハーレーをハイエースに積み込もうとしたときのこと。

エンジンをかけてギアを1速に入れて半クラを使いながらラダーレールを上って積み込むわけですが・・・

エンジンが暖まってなかったせいもあってラダーレールを上っている最中にエンストしそうになり、慌ててアクセルをふかして回転を上げて積み込んだものですから、積み込んでから向きを修正する羽目に

ちょっと情けなかったなぁ


ですがしっかりと固定して家まで帰ってきました。

20191216_202209.jpg


う~ん、いい画柄です

20191216_202648.jpg


なんて自己満足に浸っている割にはどちらもあまり乗れてないよなぁ

ぼちぼちと

「今年はひょっとしたら・・・」と思っていたのですが、

昨晩、親戚の老夫婦から年賀状作成の依頼が入りました

息子や娘どころか孫やひ孫まで居るというのになんで毎年俺やねん?
困ったことや雑用はなんで俺やねん?

なんてことは言いません、大人なので。

まぁ私の祖父母が自分の娘よりこの親戚夫婦を頼って色々としてもらってたのを幼ながらに知ってますので、それが私にかえってきているのでしょう


ちなみに独り身の私が後席にも人が乗り降りしやすいクルマを1台はキープしているのはこの人たちを乗せることがあるから。

エクストレイルなんて後席に誰も座ったことが無いまま乗り換えましたけどね

今乗ってる軽バンだって年寄りも乗り降りし易いようにと、左側のスライドドアを開けると連動してステップが出てくるオートステップが装備されてるグレードを選んでたりします。

maxresdefaultkeiban.jpg


こんな性格ですから色々と頼まれたりするのでしょうけど。


昨日はケンが前足を痛めてからこちら、殆ど出来てなかったブラッシングをしました。

191213_12.JPG


週の初めにシャンプーしてもらってるので「抜け毛がゴッソリ」ってほどではありませんでしたが、ケンは気持ち良さそうに身を委ねておりました


今朝もマッサージとストレッチを軽くしてからの散歩です

191214_05.JPG


まだ腰は本調子ではないのは見てても判りますが、歩く姿は違和感が少なくなってきてるような気もします


腰を痛めてると判りやすいのがこの姿勢。

191214_07.JPG


気になり始めた頃は排便時のこの姿勢と、排便直後の歩き方にまぁ違和感がありました

今日は朝も、そして夕方は見ていて「おぉぉぉ」というくらい元に戻ってました

こんな感じでゆっくりとでも回復してくれることを願っています。


数年前に初めて坐骨神経痛が出た時の経験なのですが、ケンの腰の回復具合が分かるのに寝起き時の”伸び”があります。

調子が悪い時は伸びをしないんです。

良くなってくると前足を出し頭を低くして腰を引くような伸びをします。

そして本調子になるとこれをした後に今度は腰を低くして反りかえるような伸びをするんです。

通常時はこれが1セットなのですが、今のところ前足を伸ばして腰を引く伸びしか見ていません。

でも一時期はこれすら見せなかったので、少しはマシになってきているのかと解釈しています

191214_09.JPG


ま、ぼちぼちですね

191214_11.JPG


一方、毎回ショップの”ぼちぼち”が過ぎて購入して数年間は7月だった車検が今や12月になってしまったハーレーですが・・・

今回はなんと、もう検査場で検査を受けてきたようです

79734433_2662558283789984_909044731734917120_o.jpg


ということは来週にはメンテも済んで引き取りか・・・

それはいいんだけど、天気予報を見たら来週は雨が多いんだよなぁ~