グラッときた

今日、トイレで座っている時にグラッと揺れました。 

そう、地震です。

震度1強くらいの揺れで大したことはなかったものの、思いっきり無防備で何も出来ない状態の時に地震が来るとやっぱり焦ります

それで思いました、少し前に書いた話ですけど「やっぱり(よその犬がが)トイレしてる時に(自分の犬を)近付けたらアカンぞ」と。



昨日は晴れていい天気だったのですが、

土曜だけあって河川敷はお子様たちが楽しそうに遊んでらっしゃいました。

210227_17.JPG

210227_19.JPG


テニスコートを挟んだ向こう側に行っても今度は幼児がお母様と楽しそうに遊んでらっしゃいます。

210227_23.JPG


土曜はこんなもんです



今朝も

日曜なので河川敷は昨日以上にお子様たちが遊びに来ています。

210228_12.JPG


外で遊ぶ、いいことです

210228_14.JPG


なのでテニスコートの向こう側へ移動します。


おっ、ベンチに腰を下ろして新聞を熟読しているオッサンがいました。

210228_17.JPG


オッサンの横には飲み物やパンなどが入ったコンビニの袋も。

ここで1面から全部読む気なのでしょうね。


長らく取っていた新聞も止めて3年くらい経ちましたが何の不便もありません。

色んなニュースを総合して読める新聞は嫌いではないのですが、ネット全盛の現在では新聞の情報は新鮮さに欠けます。


幸いにもこのエリアは新聞を読んでいるこのオッサンだけだったので、邪魔にならないように遊びます。

210228_22.JPG

210228_23.JPG

210228_25.JPG


しかしオッサン、ずっと新聞読んどるなぁ~

210228_27.JPG


久しく通勤時間帯の電車にも乗ってませんので、新聞を読むオッサンの姿を見るなんて久しぶりです。

210228_34.JPG


昨日の分も遊べてケンも満足そうです

210228_28.JPG


いい顔になってます。

そう言えば今朝散歩している時も自転車に乗ったヤンキー感満載のクソガキたちの1人がケンを見て「うわっ、むっちゃカワイイ」と呟いておりました。

コイツ、子供から女の子にお年寄り、果てはヤンキーからも人気です

210228_36.JPG


まぁ男の子ウケがいいのは解るんです。

私自身が子供の頃に『マッドマックス2』を観て一目惚れした犬ですから

e3910f42ea1ca238aef1b8177966c807.jpg


でも女性ウケがいいのは・・・

わかりません

バカ人間、逮捕

前回、他所のお家に不法侵入して庭で係留されて飼われている柴犬に暴行を加えた男の事件について書きましたが

その様子を撮影していた防犯カメラの映像から73歳の男が逮捕されたようです。

逮捕容疑は動物虐待だそうですが・・・

こんな罪、ムッチャ軽いやんけ


暴行を加えられた犬は7歳のオスの柴犬で、飼い主によると、骨折などはなく、緊急の治療が必要な状態ではないという。


202102263.jpg


とのことですけど、改めて暴行している映像を観たら、この柴さん、外傷は無くても心に傷を負っていることでしょう。

容疑者の遠藤なる男に何度も蹴られようが係留されているチェーンを掴んで振り回されても抵抗してないんだもん

吠えようともしなければ咬みに行こうともしていません。

思いっきり人を信用していて一切抵抗してこない犬にこの暴行はないわ~

遠藤も柴さんが攻撃してこないから複数回にわたって殴る蹴るができたのでしょうけど。


犯行の動機についてはまだわかっていないとのことですが、

犬の反応からして飼い主と容疑者は面識があるどころか知り合いでしょう。

動機?

思いっきり邪推になりますけど、容疑者はこの柴さんと面識があって勝手に住居に侵入して可愛がったりしてたのが、ある日

柴さんが容疑者に向かって吠えたとかオヤツをあげようとしたら手を軽く咬んでしまったとか、そういう些細というか身勝手な事で容疑者のジジイがブチ切れ

防犯カメラの映像に

「なんだよ!お前がすっから悪いんだよ、バカ犬が!」
「人間だ、俺は!」

というセリフもこれで納得がいきます。


ん?係留されているチェーンを掴んで柴さんを振り回すって・・・

これも邪推だけど、これがすぐ出来るのって犬を飼ったことがある、それも暴れん坊の犬を飼った経験があるんじゃないかな。

ケンが訓練所に通い出した頃、私に咬んできそうになった時の対処法の1つとしてこれに近い動作を訓練士さんに教えてもらったんです。

だから今の私はやろうと思えばサッと出来ますけど、全く犬に関心が無いとか単に犬を虐待するとかですぐに出来る行為ではないかと。

実際、訓練士さんに教えていただくまで私の頭の中には無かったですもん。

それに犬に興味がない人物が見知らぬ犬を虐待するなら、自分の安全を考えて棒とかで叩くと思うんです。


柴さんの飼い主さんももうこの子は室内で過ごさせて、いや、避難させてあげてください。

不法侵入してきた男に一切逆らわず暴行を受けるような子なんだから番犬にはなりません

でないと逮捕されたと言ってもこんな罪では服役とかまず無いんだから、遠藤容疑者がまた暴行しにやってきて無抵抗のままズタボロにされますよ。


この記事のコメント欄に「ウチの柴は連れ去られた」なんて書いてる人もいましたが、実際に外飼いの犬が不審者に連れ去られる事件も増えてきています。

私も地方に行くこともありますが、その時に走行している道路から見える家の前に犬小屋が置かれているのがやたらと多い地域があったりもします。

今の時代、番犬を飼うならセコムなどの警備会社と契約されるほうがよろしいかと。

外で犬に家を守ってもらう時代は終わりました、飼ってる犬を守る時代に入ってきていると思います。


ケンよ、お前はこの大人しい柴さんと違って手がつけられないほどの暴れん坊だったのに学校に入れてもらって勉強し、訓練競技会でタイトルも獲って冷暖房完備の自分専用の部屋に移動用のクルマまで持って・・・

お前は運が良いようだ。

210225_35.JPG




バカ人間が

ネットのニュース記事で



というタイトルのものがあったのでクリックして読み進めていくと

家の庭で飼われている柴が不法侵入していた(住人で無い)男に何度も暴行を受けてた、という内容でした

kanumaboukou.jpg
kanumaboukou2.jpg


なんかねぇ~、記事を読んでいる限り奥歯に物が挟まったような書き方というか、記事には書かれてませんけど柴の飼い主は不法侵入していた男を知ってるのかと思われます

発端は飼い主と男が揉めたとか、そんなような気がします。


しかしまぁ~、柴の名前からしてオスだと思われますが、暴行されても攻撃しないんですね。

大人しい子だこと。

ウチのお坊ちゃんは見ず知らずの人物は言うまでもなく、飼い主の私であっても手を上げようものなら必死に攻撃してきます

多分、お坊ちゃんの気が落ち着くまで延々と狂ったように咬みまくるでしょうね。

いや、咬みます(キッパリ)。


と言うか、外で係留して飼うなんて昭和じゃないんだから家の中で飼ってやってよ、飼い主さん。

家の中は無理なら広い屋敷みたいだし1坪くらいの犬舎を建てて、その中で自由に過ごせるようにしてあげて。

防犯カメラを設置する前にやることです。

番犬として飼ったのか知らんけど、不審者に暴行されても反撃しないような温和な性格の子なら番犬にならないし、防犯カメラ設置してるんやったら番犬なんて要らんやんけ

いやいや、男が何の苦労もなくすんなり敷地に侵入出来ている時点で色んな面においてアウトなような気が

この柴も役所から通知が来る狂犬病のワクチンは受けてても、外飼いなのにフィラリアの予防なんて一切してもらってないだろうなぁ~

そもそも不法侵入してきて犬に暴行する男が悪いんですけど、犬を飼っている者としては柴の飼い主さん側も気になるのでした



さて、昨日は休日。

はたしてケンは河川敷で遊べるのでしょうか。

210223_05.JPG


爆吠えシェルティ邸を通る時には相変わらずグイグイ玄関へと近付いていき

210223_10.JPG


当然ながら爆吠えされ

210223_11.JPG


ダッシュで逃げるという・・・

210223_12.JPG


吠えられるの判ってるんだから近付くなよ・・・

と思う半面、

コイツ、からかって遊んでるな?

と思う節も

まぁ人様の大事な愛犬に怪我させるようなことが無かったらそれでええわ。



その河川敷にやってきました。

210223_20.JPG

210223_22.JPG


はい、だ~れも居ません。

貸切状態です

210223_25.JPG

210223_26.JPG


もちろん遊びます。

210223_33.JPG


おっと、ごめんなさい。

路肩に軽トラを停め、仕事をサボってスマホをイジる田舎町職員の姿が写り込んでしまいました

210223_44.JPG

210223_43.JPG


貸切状態だったので2日分は遊べました


遊んだあとはベンチでちょっと休憩。

お、また新顔さんが現れました。

ケン、ずっと凝視しています。

210223_47.JPG


お前も今や古株だもんなぁ。

なんやかんやで楽しかったようです。

210223_48.JPG


そしてちょっと寒かった今朝。

飼い主が朝イチで予定が入ってたもので散歩は短縮バージョンです

が、有り余る元気でグレーチングを飛んでました。

210224_13.JPG


この幅でその跳躍力は必要ないやろ。



気になったこと

コロナ禍で自宅にて過ごす時間が長くなり、ペットを飼う人が増えている・・・というのはネットのニュース記事などで少し前から目にしてましたが

思えばウチ周辺でも今年に入ってからは週末の度に新顔さんを見るようになりました。


が、昨日の朝

散歩に出たら

210221_02.JPG


家の前ですぐトイレ。

210221_03.JPG


ケンはこの後どうなったでしょうか?

上の画像左端にコーギーさんを連れている夫婦が見切れてるのが確認できるかと思いますが、

このあとコーギーさんが排便中のケンに急接近して一触即発の状態となったのでした


飼い主さんのリードの持ち方やコーギーさんの動きから予測してこちらは「ひょっとしたら・・・」と、こういう展開も予想してリアクションが取れるようにしていたのですが

飼い主さん、コーギーさん(犬)を飼うのが初めてなのかな?

犬がトイレをしている時(=いちばん無防備な状態)にはご自身の犬が興味を持ったところで距離を取ってあげるようにしましょうね。

こんなの犬に限ったことではなく人間だった同じなので分かると思うんだけど。

一部の変態スカト〇マニアの人だったら話は別ですが。

ん?この夫婦はスカト〇プレイが趣味なのか?

だったらごめんなさい、ちょっと言い過ぎました

ま、私の中では「有り得へん」行為でした。

210221_05.JPG


そんな日曜日

河川敷にやってくると小さなお子様がお父様と川に入ってました。

210221_08.JPG


川で過ごしている生きものを観察したりしてるのかな?

あ~、私もこんな幼少時代を過ごしたかった

ちなみに私は近所の幼馴染みの子のお父さんにこういうことを教えてもらったりしてました。

京都の繁華街出身の父は自転車にも乗れないほどドン臭くてアウトドア的なことは全くダメでしたから


河川敷で遊ぼうと思ったものの、トイプーさんが3頭ほど縦横無尽に走り回ってたので回避します。

210221_10.JPG


呼び戻しなんてまず出来ないであろう暴走機関車が3両も走ってるのですから。

こっちに突進してきたらケンは健さんに変身しちゃいます

lfeo555-img600x450-1490158787fw5zfp1611.jpg


テニスコートを挟んだ向こう側は人の姿が見えなかったので移動します

210221_12.JPG


と、ここで2度目のトイレ。

210221_13.JPG


さっきはゆっくりと出来んかったからなぁ~

仕方ありません。


では、思いっきり遊んでもらいましょう。

210221_14.JPG

210221_24.JPG


遊んだあとは休憩も兼ねた日向ぼっこを

210221_38.JPG


飼い主が横に座るとペタッとくっついてきて

210221_40.JPG


嬉しそうな顔をしています

まぁ、このあとも新顔さん(の飼い主さん)で”?”というのがあったのですが・・・


トイレ中のトラブル?から始まった散歩でしたが、楽しそうに家へと帰っていきました。

210221_55.JPG



最初の話に戻りますが、コロナ禍の影響(きっかけ)でペットを飼われた方を否定するつもりは一切ありません。

もちろん、犬を飼うのが初めてという人もたくさんいらっしゃるでしょう。

が、今は家に居る時間が長くても新型コロナは終息しないとしてもそう遠くない先にはワクチンだけじゃなく薬も開発されてインフルエンザ程度の扱いになってくるでしょう。

そうして以前のようにマスクするのは花粉症の人くらいなった時には勿論、仕事やレジャーなども含めてコロナ以前に近い生活スタイルに戻ることでしょう。

そんなコロナ以前の生活では居なかったペットが元の生活スタイルに戻ったところで家にしっかりと居るんです。

そう、飼い始めた人はもうコロナ禍以前の、ペットが居なかった生活には戻れないんです。

気軽に飼ってみたものの、「こんなはずではなかった」の連続かと。


ペットは飼い主次第ですし、飼い主を選ぶことはできません。
10年、15年、自分の時間とお金を注ぎ込める飼い主さんのもとで飼われますように。



ペットと一緒に

環境省は大規模災害時に避難所でのペットの受け入れが円滑に進むよう、自治体の管理者向けにチェックリストを作成し、近く都道府県などに通知する方針を決めた・・・

という記事をネットで読みましたが、

ウチなんかはペット受け入れ可の避難所でも利用できないだろうなぁ

ハイエースが被災せず無事だったらそこでケンと過ごすと思います。

ペット言っても犬猫だけじゃないですし、避難所に避難せねばならないほどの災害に遭ったら人間だってペットだって心的ストレスは相当ななものでしょうから、慣れない避難所での生活だと鳴き声ひとつでトラブルになりそうです。いや、なるでしょう

家の前を通っただけで吠えてくる犬だっているんです、そんな子を避難所に連れてきたら1日じゅう吠えっぱなしかと。

ウチの周辺では散歩している間、ずっと吠えてる小型犬も居ます。


ケンだって他の犬と仲良く出来ないですからね

その代わりケンはクレートで過ごすことにも慣れてますし私と一緒に何度も車中泊もしてますから、クルマさえ無事なら周囲に迷惑をおかけすることなく何とか過ごせます。

ま、ウチのハイエースに関しては車中泊が出来るように架装してますので避難所より明らかに快適に過ごせますが

170514_131.JPG


だけどペットを飼ってらっしゃる方はこういう時にどうするかということも考えておかねばなりませんね。



一昨日の夜は薄っすらと積もるほどの雪が降ったので(朝方には溶けました)、昨日は寒かった

210219_07.JPG


寒くても元気にグレーチングを飛越してますが、

210219_12.JPG


幅の広いところは縞板が渡してあるところまで迂回します

210219_14.JPG


寒いのでプラーは持参してきてなかったものの、河川敷に着いたら

210219_18.JPG


と、訴えてきたので

ウエストバッグにいつも入っている紐付きボールで遊びます。

210219_25.JPG

210219_27.JPG


すると老犬さんが飼い主さんとゆっくりと河川敷の端を歩いてやってきました。

P2191086.JPG


ケンも頑張ってますが、両後足の腱を切ってしまったこの子も頑張って歩いてます


その姿を見た飼い主はスイッチが入り、訓練競技の課目練習をすることに。

210219_44.JPG


ケンもスイッチが入ったようで、頑張って作業してました。

飼い主からいっぱい褒められると表情も緩みます

210219_48.JPG


寒いなかよく頑張りました



そして今朝は

昨日までとは一転、暖かい朝です

210220_04.JPG


爆吠えシェルティ邸の前でリードを緩めると

グイグイとシェルティ邸に近付いて行くケン。

210220_10.JPG


が、ケンの気配に気づいたシェルティが吠え始めると

210220_11.JPG

210220_13.JPG


怖いのだったら、ちょっかい出すような事するなよ


河川敷までやってきたら土曜なのにだ~れも居ません。

210220_21.JPG


天気もいいし遊びましょう。

210220_22.JPG


飼い主がプラーを出して準備していたら

210220_24.JPG


ケンの宿敵、郵便カブが現れました

210220_26.JPG

210220_29.JPG

210220_30.JPG


相変わらずの反応です


郵便カブが居なくなったところでプラーを投げます。

天気もいいので遠投です。

210220_38.JPG

210220_40.JPG


いつも以上にいっぱい走らされておりました

210220_43.JPG


遊んだあとはちょっと休憩

まったりしたいところですが、川向いにある爆吠えシェルティのブリーダー宅から鳴き声が聞こえてきてこの通り。

210220_57.JPG


爆吠えシェルティの祖父母にあたる世代からここのシェルティを知ってますけど、まぁよく吠える血統です


まったりもしてられないので階段を駆け上がって帰ります。

210220_63.JPG


こんな角度からケンを見ることなんてありませんが、後足いい筋肉が付いてきたなぁ




寒波が

数日前までの暖かさはどこへやら

2月らしい寒さになってきました。

昨日の深夜の時点でもう寒かったもんなぁ~


そんな冷え込み出してきた昨日の朝。

当たり前ですが河川敷は誰も居ません。

210217_15.JPG


ケンがマイペースで地面を匂いだりしながら歩いてたので、そっちに気を取られているあいだに飼い主はクルマの影に隠れてみました

210217_17.JPG


飼い主の姿が見えなくなったことに気付いたケンですが・・・

慌てて探すような動きをすることもなく、落ち着いてこちらに向かってきます


この時点でケンはまだ私の姿を見つけておりません。

210217_19.JPG


こちらの方を一切見ずに斜面を下りてきて

210217_20.JPG


ここでやっと目が合いましたけど、ケンは喜ぶこともなく至って冷静そのもの。

210217_21.JPG


それどころか

210217_23.JPG


冷めた目でこちらをジロリと見上げてきたのでした

すんません、ガキで


機嫌を直してもらうべく、遊んでもらいます。

210217_24.JPG

210217_32.JPG

210217_31.JPG


が、機嫌は直らす

遊んだあとも仏頂面で歩いてます。

210217_40.JPG

210217_41.JPG


で、先ほどの私の行為に抗議するかのように2度目のウ〇コ。

210217_43.JPG


家に帰ったら縁側でふて寝しておりました

210217_44.jpg



そして今朝は

まぁ寒かった。

急な冷え込みなので河川敷で遊ばせて足を痛めてもらっても困るのでプラーは家に置いてきました。

が、やたら元気なケンはグレーチングを大ジャンプ

210218_11.JPG


飛行犬みたいになってます。


河川敷に着いたらケンは遊ぶ気満々のようですが

210218_16.JPG


バックに写る空を見てもらったら分かるように山の向こう側では確実に雪が降っている寒さです

おじいちゃんが張り切って怪我されても困るし・・・


では、テニスコートの向こう側に行って昨日みたいに軽く遊ぶか

210218_18.JPG


と、移動してきたら、飼い主さんに腰のハーネスを持ってもらってゆっくり散歩している老柴さんが。

そんなところを邪魔するわけにはいきません。

今日は遊ぶの中止です

210218_19.JPG


寒いしちょうど良かった。

210218_23.JPG


ま、こんな日もあるさ。


相変わらずやなぁ

早くもYah〇〇のニュースでは地震の地の字も見かけなくなりましたが・・・

震源から近いところでは震度6強の揺れがあった訳ですが、お家などに被害が出た方もたくさんいらっしゃることでしょう。

そんなもの2日や3日でどうなるわけでもありません。

が、死傷者が出なかった、少なかったら大きな地震だったとしてもマスコミの地方に対する扱いってそんなものです

揺れた時には東京のキー局でアナウンサーはヘルメットを被って原稿を読んでたのに、ね。

阪神淡路大震災の時、被災地に取材に来てハイテンションでワーキャーはしゃいでた目玉がシンボルマークの局のアナウンサー(今は保険会社のCMに出ています)は忘れませんし、ワイドショーだったかで被災地の映像を観て「東京じゃなくて良かった」と言ったコメンテーターの事も忘れません。



さて、暖かかった週末でしたが

昨日は雨

210215_06.JPG


本降りだったのでケン専用車に乗せて隣町の高架下まで・・・とも考えましたが

210215_13.JPG


散歩し出したらウチの角で

210215_09.JPG


あっさりとトイレをしてくれました。

エイジングケア、ホントによく便が出ます

以前の腎臓サポートだったらこの悪コンディションでこれは無かったことでしょう。



そして今朝。

雨は止んで晴れてくれたものの、ちょっと冷えます。

数日前に古傷が疼いたのは雨とこの冷え込みの影響だったのでしょう。


散歩に出ると

210216_07.JPG


ケンの宿敵、郵便カブが

210216_10.JPG

210216_11.JPG


郵便カブが走り去ったらこの表情

210216_13.JPG


成長期に過ごした場所(壁を挟んだ向こう側がポスト)が影響してるんだろうなぁ~

郵政外務の人に言って今はボロ家のポストには投函されないようになってるけど、コイツが過ごしてた頃は毎日のように郵便カブが停まって郵便物をポストに投函されてたからなぁ。


前日の雨で水捌けの具合が気になってた河川敷ですが

210216_17.JPG


大丈夫だったので遊びます、2日分

210216_26.JPG

210216_33.JPG


銜えたプラーが前足に引っかかった時にはちょっと焦りましたが

210216_39.JPG


怪我もせず思いっきり遊べました

210216_48.JPG


河川敷を暫くフリーで歩いて

遠隔から招呼をさせたら

210216_54.JPG

210216_56.JPG


活き活きとした表情で駆け寄ってきました

やっぱりコイツには訓練がいちばん楽しい遊びなのかもしれません。


これまで家族を3人送って得たこととして、若い頃に身体を動かしていた蓄えよりも老いてからどれだけ身体を動かすかのほうが晩年に差が出るように感じます。

祖父も母も体に恵まれて運動は得意な人でしたが、中年以降は全くと言っていいほど体を動かしてなかったので体が弱るとそこからが早かった

しかし若い頃から晩年になっても毎日のように歩いていた祖母は何度も大病を患って歩けなくなってもリハビリで歩けるように回復してました。

祖母の場合、消化器が丈夫だったので、熱でうなされて意識があやふやな状態でも食事が摂れたのも大きかったですが。


これをそのまま犬に当てはめるのは妥当かどうか分りませんが、”あしたのために”と取り組んでいることは的外れではないと思っています。

210216_63.JPG


実際、去年の秋あたりと比べたら体つきも変わりましたからね。






暖かい週末

昨夜、東北から東日本にかけて大きな揺れがあったようですね

jisin2102131.jpg


テレビを観ていたら私が住む田舎町でも震度1か2の揺れがあったようですが・・・

この時間、キッチンの床に座ってたものの、揺れは一切感じませんでした。

阪神淡路の震災以降、揺れには敏感になっているので震度1程度でも判るんですけどね


報道を見る限りでは負傷者が出ているものの、地震の規模から思えば人的被害は物凄く少ないかと。

先の地震のこともありますし、皆さんが意識して備えてらしたのかと思います。


その報道も相変わらず現場上空にヘリコプターを飛ばしてるし、阪神淡路の頃からな~んにも変わってませんね

ある局なんか現地取材中の人物ならともかく東京でまず安全だろうと思われるスタジオでヘルメット被って原稿読んどるし・・・

地震で危険ならばヘルメット被るだけじゃなくスーツも作業着に着替えてはいかがだろうか?

震源地から遠く離れた所のぬくぬくとしたスタジオでここぞとばかりにヘルメットを被って原稿を読み上げる姿を見るとイラッとするのは私だけかな。



その昨日は朝から暖かくて春みたいな陽気でした

2月はたまにこんな日があったりしますが、冬場に異様に暖かい日があると阪神淡路の前日を思い出し、亡き母は「こんな暖かい日はまた大きな地震が来るかもしれへんし気ぃつけや」とよく言ってたものです。

まさか本当になるとは思いませんでしたが


暖かいだけに河川敷に遊びに来てる人も多くてですね、その人たちの邪魔にならないよう迂回して歩いてたら

210213_15.JPG


高さ30cmもない高速道路の排水パイプをバカみたいに勢いつけてジャンプしやがって肝を冷やしましたが

210213_17.JPG


前足を痛めることなく歩いていたのでホッと一安心


いつもと何ら変わりなくプラーを走って追いかけてました


遊んだあとはちょっと暑いくらいなので河川敷のベンチに座って休憩します。

飼い主の私が言うのも何ですが、いい顔をしています

210213_40.JPG210213_41.JPG210213_44.JPG


210213_54.JPG


そのあと帰る時だって

210213_58.JPG


表情は緩みっぱなしでした



で、今日14日はバレンタインデー

幼い頃からオッサンになった今まで個人的にはまぁ~縁のないイベント?だったりしますが、これだけ暖かいと溶けたチョコレートも多かったことでしょう。

そんなバレンタインデー、こんなの盛り上がるのはお菓子屋が仕掛けた日本くらいかと思いきや、インスタグラムでフォローしている方々(キャトル繋がりで3分の2海外在住の方)がアップされた画像やストーリーズを見てたら結構Happy Valentine’s Day!と書かれているものを見掛けました


そんなバレンタインデーなんて縁が無い飼い主とケンですが、

こんな日ですし、昨日に続いていっぱい遊んでいい顔をしてたので一気にアップします。

210214_63.JPG

210214_70.JPG

210214_75.JPG

210214_80.JPG

210214_86.JPG

210214_96.JPG


あぁ、これらの画像、ケンを飼い始めた頃の自分に見せてやりたい

今は七転八倒の日々だろうけど、それから紆余曲折あって12年後はこんな子になってるんだぞ、ってね。

ホンマにコイツを矯正するのは大変でしたから

暑かったので家に戻る前にはお水をゴクゴクと、

210214_98.JPG


田舎町が作った無料の水なので一杯飲んでくれい。


ケンを通じて知り合った方々は圧倒的に東日本エリアの方が多いので、今回の地震のお見舞い申し上げます。

2度目です

新型コロナ、大阪の今日の新規感染者数は89人。

昨日が祝日だったのもあるでしょうけど、それにしても減少しています。

非常事態宣言が出てると言ったって出る前と街の景色は殆ど変わってないのに・・・

検査対象とかが以前と変わったのでしょうね。



さて、今日も暖かい朝でした

しかし時折古傷が疼くことがあるので近いうちに天気は下り坂になるか、一気に寒くなるか、何らかの変化がありそうです


勝手口から外に出たら隣犬2号を気にするケン。

210212_05.JPG


そして門から道路に出たら

210212_07.JPG


というか、門の前でトイレ。

210212_09.JPG


スッキリしたら爆吠えシェルティ邸の前を通って堤防へ

シェルティの声が聞こえないとシェルティ邸に急接近していくケン。

210212_10.JPG


吠えられた途端に猛ダッシュで逃げるくせに・・・

隣犬2号がいるお隣さんの前を通る時も似たようなことをするのですが、

お前は何や、吠えられたいんか?


ブラブラと歩いて河川敷へ

210212_14.JPG


着いた途端、またトイレ

210212_18.JPG


腎臓サポートを食べてる時は出ないわ、出ても少量だわでしばらくは苦心したものですが、

今のエイジングケアはホントによく出ます。


だ~れもいない河川敷。

210212_21.JPG


思えば今朝はここで遊んでおくべきだった・・・

しかしテニスコートを挟んだ向こう側も人の姿が見えなかったので、より地面がフラットなほうで遊ぼうと移動したのでした

210212_25.JPG


プラーを取り出してケンを呼ぶと嬉しそうな顔をして駆け寄ってきます

210212_27.JPG


では遊びましょう。

210212_28.JPG

210212_31.JPG


何度か投げたものの、地面の関係かまっすぐ投げても左へと転がっていく傾向があるので

右に投げてみました。

210212_40.JPG


ん?思ったより追いかけるケンの足が遅いではないか。

210212_41.JPG


もうちょっとや!頑張れ!

お~い、なんでそこで諦めるねん・・・

P2120725.JPG


プラーは見事、川に落ちてしまいました

買って初めて遊んだ時以来4年半ぶり、2度目の落水です。


勿論、1度家に帰ってゴム長に履き替えて回収に行きました。

20210212_120705.jpg


けれどダナー製の高級ゴム長、川に入ったらソールとアッパーの継ぎ目からあっさり浸水しやがるの

買って2度しか履いてないのに・・・

1度目もプラーの回収で、でしたが。


川の冷たい水を足で感じながらもプラーを回収しました。

20210212_120925.jpg


ま、これも投げた私が悪いんですけどね。


高かったゴム長だけど浸水するならもう用はない

近いうちにホームセンターに新しいのを買いに行くとしよう。




花が咲く

今年に入ってからテレビなどでロレックスの入手困難さやレア度を紹介しているのを見掛けるようになりました。

それまで見向きもしなかった情報系や報道系の番組で取り上げているのに驚いたのと同時に「なんで今頃取り上げるの?」などと不思議に思ってた訳ですが・・・

rolexmarason1.jpg


取り上げてるそれぞれの番組を観てて気づいたことがありました。

あ、どれも〇〇の人間が出てるやん

専門誌なんかは昔からだけどとうとうテレビまで進出するようになってきたのですね

紙媒体と違ってテレビは全く興味がない人だって観るからなぁ~

これで競争倍率は更に跳ね上がり、正規店(定価)での入手は困難を極めるだろうなぁ。


ま、ステンレスのデイトナに関しては昔も今も入手困難なのは変わりませんし、何のコネも知識もない人が入手するのは宝くじの一等とまでは言わないものの、高額当選するようなものだと解釈すべきです。

百貨店などに何のコネも無かった私なんて20年ほどかかりましたから

それもこんな状況になる遥か前の時点で、です。



さて、前回書きましたケンがシャンプーに行った日は夜遅くには粉雪が舞うほどでしたけど

今朝は暖こうございました

210210_08.JPG


グレーチングも軽々飛んで

210210_12.JPG


軽い足取りのスタートでしたが、爆吠えシェルティ邸を通過する時はやっぱり警戒モードに入ります

210210_14.JPG


今朝は吠えられなかったものの、この先で小型犬に室内から爆吠えされてました

一時のことを思うと、最近はまたよく吠える子が増えてきたように感じます。


1月末あたりから仕事をリタイヤした感じのアマチュアカメラマンが川にやってくる野鳥をほぼ毎朝やってきて撮影しています。

同じようにケンも足を止めて川を見ています。

210210_18.JPG


裸眼だと私より目が良かったりしますからね。

毎日撮影に精を出してらっしゃるアマチュアカメラマンですが、そのボディとレンズじゃなぁ~

すぐに良いのが欲しくなると思います。


河川敷にやってきましたが、またトイプーさんが散歩してたのでここではちょっと遊べないかな。

210210_23.JPG


その代わり、河川敷の隅で座ってケンの腰回りを軽くマッサージ。

気持ち良さそうにしています


おっ、今年ももうタンポポが花を咲かせてました。

210210_26.JPG


去年見掛けた時も「こんな時期に咲いたっけ?」と思ったものですが、今年も暖かい日は春みたいだもんなぁ。


テニスコートを挟んだ向こう側は人の姿が見えなかったので移動します

210210_27.JPG


そしてさぁ遊ぼうと思った時に向こうから白い犬の姿が。

この子も初めて見る子だなぁと様子を見てたら

「ケンちゃん!」

と、白い子の飼い主さんから思わぬ声が


よくよく見たらケンが仔犬の頃から散歩時にたまに会ってた方でした。

飼い主さんは髪型も変え、白い子も以前と雰囲気がコロッと変わってたので気付きませんでした

しかしまぁ白い子の変貌ぶりには驚かされました。

昔は颯爽と歩いてた大型犬だったのに今や小さく中型犬サイズになってしまって・・・

飼い主さんに聞いたら、現在14歳で少し前に後足の腱を両方切ってしまい立ち上がるのも困難になっているとか。

それで1ヶ月ほどフードをほとんど食べてくれなかったので飼い主さんは死を覚悟したそうですが、食べるようになって回復。

でも体重は5kg下がったままで増えないんだそうです。


お互い歳を取ると色んな目に遭いますなぁ。
ケンだって骨折からの療養で長い距離を散歩するのを嫌がるようになり、それをそのまま受け入れてたら今頃どうなってた事やら。

”あしたのために”と半ば強引に歩かせたりするようになって随分と回復しましたけど。

210210_31.JPG


そうそう、庭の梅の木が花を咲かせてきました。

P2100645.JPG

P2100646.JPG


これだけの花を咲かせるのは何年振りだろう?

私が小学3年生の時に祖母が庭に植えたこの梅の木。

1つも花を咲かせなかった年もありましたし、この数年は1つか2つ咲きゃいい方でした。


梅が咲いたら今度は桜か・・・

花を見て季節を感じるようになった私、それだけ歳を取ったのでしょうね。



やっぱり降るか

昨日の暖かさから今日はちょっと冷え込んできました。

こういう寒暖差が体調を崩すんだよなぁ~、気をつけねば。


昨日どころか先週からずっと報道されてるのがこの人の発言。

plt2102020042-p1.jpg


こんなもの幾ら報道しようが何も変わりませんって。

思考の中にないものは言葉に出ないでしょうし、吐いた唾は飲めませんから。

前にも書きましたけど、この人の失言や暴言はこれまで幾つあった事やら。

辞職したところで、もしオリンピックが延期または中止にでもなったら「ほら見ろ、ワシを辞めさせたからだ」とふんぞり返ってる気がします。



今朝はどんよりとした曇り空

散歩に行きます

210208_10.JPG


暫く歩いたらトイレ。

210208_13.JPG


獣医師の勧めで変更した今のフード(エイジングケア)にしてからは通じが良くなりました。


トイレが済んだら河川敷に向かいます。

グレーチングもホント、軽く飛越するようになってきています

210208_14.JPG

210208_15.JPG


けれど幅の広いグレーチングは

210208_16.JPG


飛ばずに縞板が渡してあるところへ迂回して通過します。

210208_17.JPG


仔犬の頃から毎日飛越していた場所でしたが一昨年に前足を剥離骨折して以来、こうして迂回しています。

調子が良さげな時に1~2度飛越させたことがあったものの、飛びきれずに後足がグレーチングにかかることがあったのでケガ防止の意味合いで飛ばせないようにしています。

ま、坐骨神経痛が出たときに獣医師から「もう飛ばすな」とドクターストップがかかってたんですけどね

他の事は骨折以前となんら変わらないところまで回復してきていますが、これだけは飼い主の意思でさせていません。


河川敷に着いたら、これまた新顔のピレニーズさんが遊んでました。

210208_18.JPG


成犬になったばかりくらいの若い愛想良さそうな子で遠目からケンに興味を持ってくれてたようですが

210208_19.JPG


飼い主であろう若い女性のリードの持ち方やピレニーズさんに対する反応を見て

「こりゃもし何か(多分ケンが仕掛ける)があった際にこの子じゃピレニーズさんを抑えることは出来んな」と判断して素通りさせていただきました

というより手にしているのがフレキシリードの時点でアウトです

長いからダメではなくて伸縮するのがダメなんです。

遊ばせたりする時に10mとかのロングリードは使いますが、似たような長さまで伸びる伸縮リードは使いません。

偏見ですがフレキシリードで散歩している犬をコントロール出来ている飼い主さんは見たことありませんし、私自身、フレキシリードでは咄嗟の時にケンをコントロールするのが難しいので、家に1つありますが出番はありません。

一番短い状態でロックをかけていれば・・・と思われるかもしれませんが、私にはその状態でも犬をコントロールするにはハンドル部分から犬までの距離が長過ぎます。

それはロングリードでも同じでは?と言う意見も聞こえてきそうですけど、そもそもロングリードは広い場所で周りに人や犬が居ない時にしか使いませんし、何かがあった時にはダイレクトで犬を引くことができます。

それに比べてフレキシリードは伸縮機能をフリーにした状態だと一気に犬を引くことはできません、ロックして1度に引ける距離は片腕のストローク分だけですから


ちなみに私が使っているリードはこれ。

10010004965052514546_1.jpg


瀬川製作所のドイツなめし平引皮(12mm)です。

リードも色んな種類を買って使いましたけど、牛革製のこれがいちばん手にしっくりきて扱い易いかな


これはお世話になっていた訓練所で訓練士の皆さんが使っていたリードなのですが、

訓練士さん愛用のこのリードをお借りしてケンと歩いた時にこれまで使ってきたどのリードよりも手にフィットして扱い易かったので

その場で「このリード、在庫があれば分けてもらえませんか?」と言って新品を購入させていただきました。

それから10年以上、ずっとこのリードです(革なので雨天時はナイロンのリードを使いますが)。

そう、オイルを入れたりしてメンテしていれば10年以上使えるんです。


このリードを買ってからもドッグショーとかで売られてた革製のリードを何本か買って使ってみましたけど、このリードほど手にしっくりくるものには出会えてません。

レザーのブーツやフライトジャケットなどをたくさん見て所有してきた経験値からして、使用する革となめし方法が他のメーカーとは違うのだと思います。


そしてチェーンカラーはリードとリードと一緒に訓練所にて購入してずっと使っていたステン製も昨年から使い始めたチタン製のも岡野製作所のものです。

これら2つのアイテムは以前『プロフェッショナル』に出演された訓練士さんもご自身のFacebookで「最高だ」と書いてらっしゃいましたが、ダメ飼い主の私もそう思います



話がちょっと脱線してしまいましたが

何よりケンは基本的に犬が苦手で、犬嫌いのきっかけを作ってくれた大型犬は特に苦手ですからねぇ

訓練が入ってない1~2歳の若い大型犬がテンション高く接近してくると、ケンは高い確率で身の危険を感じて攻撃に出ますんで

なのでお互いのためです。


テニスコートを挟んだ向こう側へ移動します

210208_21.JPG


こちら側は誰も居なかったので遊びます。

210208_24.JPG

210208_28.JPG

210208_38.JPG

210208_46.JPG


遊んだら階段を駆け上がって

210208_49.JPG


家に帰りm

210208_51.JPG


帰ろうとせず歩きたがるので歩いてたら

210208_53.JPG


再びトイレでした


ですから今日はシャンプーしてもらったのですが、

帰り道に隣町の河川敷に立ち寄っても

210208_57.JPG


トイレはしませんでした


河川敷も寒いしシャンプー直後だけにまた腰を冷やしてもいけないので早々に引き揚げたのですが、結果としてこれが良かった。

家に帰ってきたと同時に雨がザーッと降ってきましてね、あのまま河川敷で粘って散歩していたら思いっきり雨に遭ってました


しかしお前のシャンプーの日はホンマに雨が多いよなぁ~






雪、降らないなぁ

この冬は寒くて数年ぶりに積雪もあるかも?と思ってケン専用車には早い段階でスタッドレスタイヤに交換したりしてましたが

ん?寒い日もあったけど今日までウチ周辺に関しては雪すらロクに降ってないではないか。

これまでこの地で暮らしてきた経験上、2月の初旬を過ぎたらもう軽い降雪はあったとしても積もるほどは降りません。

と言うか、4年前から積雪はありません

P11590681.JPG



それはそうと、昨夜YouTubeを観ていたら面白い動画を見つけました。



チワワさんが関西弁で喋ってるんですけど、声をあてている人の喋りが達者でして

笑ってしまいました

喋りながら「えへえへえへ、イヒイヒイヒ」と笑うところがツボにはまりまして。

あ~、最近は毎晩寝る前にYouTube観てるなぁ~



雪はおろか暖かい朝の土曜日、散歩に行きます。

隣犬2号が外に出てないか警戒しながらケンは門へ向かいます

210206_05.JPG


隣犬2号が大丈夫だったら今度は爆吠えシェルティ邸を猛ダッシュで通過です

210206_08.JPG


道路を歩いてたら大型ダンプが。

210206_13.JPG


前にも書きましたが、これまでウチの前の道路は迂回していた大型ミキサーや大型ダンプが今年に入ってから通行するようになりました。

私の幼い頃に戻った感じです。

その幼い頃と言うと、子供がよく大型ダンプに撥ねられてました

気をつけねば。

某ウイスキー工場に出入りしている大型車輌と違ってコイツらは運転も雑だし飛ばしますからね。

ウチの前の道路はお子様たちの通学路でもあるのでゾーン30になっているにもかかわらず、です。

私自身も二種を含め大型免許も持ってるだけに「バカなんじゃないの?」と思って見てますが、実際にバカなのでしょう。



河川敷に着いたらさすが土曜日、お子様たちも遊んでいれば新顔のフレンチさんも遊んでました。

210206_16.JPG


ここは大人しく通過して

210206_18.JPG


次のエリアに望みを託します。

210206_19.JPG


が、

210206_20.JPG


ナルシストっぽい兄ちゃんがサッカーボールを蹴って悦に浸ってました

ボール捌きはサッカーをやっていた小学生の頃の私程度(要するに下手)です。

コラ~、法面に向かってボールを蹴るな!

上の道路を走ってるクルマや歩行者に当たったらどないするんじゃ~


残念ながら今日は遊べません

210206_22.JPG


遊べないかわりに暖かいのでベンチに座ってちょっと日向ぼっこを

210206_24.JPG


するとこれまた初めて見掛ける(ベルジアンシェパードの)タービュレンが散歩してました

210206_26.JPG


タービュレンなんて競技会の会場でしか見たことないなぁ。

まぁキャトルはもっと見掛けませんが


すると散歩している犬好きのお婆さんに声を掛けられ、ケンは頭をなでなでしてもらってスマホで写真まで撮ってもらってました。

が、今どきのお婆さんです、撮った画像をその場でLINEにて娘さんに送って「娘から可愛いって返事が来ました」と言ってらっしゃいました


人が好きでチヤホヤされるのが大好きなケンはこれで機嫌が直り

210206_34.JPG


足取り軽く家に帰っていったのでした

210206_44.JPG




今さら・・・

緊急事態宣言が3月まで延長となりましたが、

その一方で新型コロナの新規感染者数はここ最近「えっ?」と思うほど一気に減少してきています

検査の対象やその範囲などが変わったのでしょうね、緊急事態宣言が出てると言ったって去年の初回時と違って街の景色はそれ以前と殆ど変わってないし、おまけに冬だし、私のような素人では減少する要因がわかりません

ひょっとして3月から始まるオリンピックの聖火リレーに合わせて、いや、今年のオリンピック開催に向けての・・・

妄想はこのくらいにしておきましょう。

昨年の3月だったかな?ギリシャから到着した聖火が2度も消えたのは未来を暗示してたんじゃないのか。


是が非でもオリンピックを開催すると言っているこのお方は会見でこの人らしい発言で世界から叩かれてますが。

plt2102020042-p1.jpg


この人だったらこのくらいの事は平然と発言するでしょうね

過去に問題になった数々の失言歴からして、組織委員会の会長に就任してここまでよく大きな失言がなく来れたもんだと私なんかは感心するほどです。

首相を含めこの人がなぜ数々の要職に就けるのか?

失言癖なんて昔からとうに判っていることですから、それ以上のものを持っているのでしょう。

交渉力やコネクション、それに表に出て来ない人による操り易さ・・・などなど

だったらこの人をもう表で喋らさないようにしないと。

喋らすとこれで終わらんぞ、この人は


開催のために莫大な費用を投入しているだけにもう退くに退けないところに立たされてるのは解りますが

今回のオリンピック、東京と競ってた立候補国のトルコやスペインは今になって胸を撫で下ろしてるんじゃないでしょうか。



さて、ケンさんは

210203_04.JPG


節分の翌朝は、やっぱり道路に撒かれた豆を拾い食いしておりました

飼い主もうっかりしてたんですけどね

210203_07.JPG


昨秋から”あしたのために”と頑張っているだけあってグレイチングを飛越する姿も安定してきてます

210203_08.JPG


秋口は手前から意を決して飛んでいたのが今では歩いている流れのまま飛んでますから。


河川敷までやってきたものの

210203_13.JPG


トイプーさんが散歩してたので1度離脱します

210203_14.JPG


ケンに気付いて遠くらからクンクンと鳴き声が聞こえてきたトイプーさん。

210203_16.JPG


リードを持ってる方が違うから判りませんけど、数週間前に河川敷で会って挨拶してくれた子かな


テニスコートを越えてさぁ河川敷に下りようかと思っていたら、以前に書いたノーリードのコーギーさんの姿が。

私たちと入れ替わるように道路へ戻って行かれたのですが

クルマが通る道路だってノーリードさ。

P2030277.JPG


その後、道路を横断して歩道を歩き出したのはいいのですが、人好きのコーギーさんはベンチに座って喋ってるオバハンたちに絡んでいって

P20302771.JPG


オバハンたちの「ギャー」という悲鳴が聞こえてきたのでした。

オバハンも飼い主に怒りたいところですが、飼い主がタガログ語で喋りはじめたらお手上げでしょう。

って、そのオバハンの1人は犬が苦手な母の従姉だったりするのですが

今年に入ってから暴走ミキサー車の大型車輌(これまでは中型のみで大型は広い道に迂回してました)もウチの前の道路を平気で走るようになったし、大型ダンプも通るようになりました。

ウイスキー工場に出入りしている大型のウイング車やトレーラーと違って運転が雑で速度も出してるからそのうち事故が起こるでしょう

コーギーさん、公道でノーリードという時点で飼い主はキミを守ることを放棄してるんだからキミ自身で事故に遭わないようにするんだよ。


では、誰も居なくなった河川敷で遊びましょうか。

210203_18.JPG

210203_22.JPG

210203_25.JPG

210203_31.JPG


思いっきり遊べました

210203_32.JPG


今日も動物病院で薬やサプリなどに大枚を支払ってきましたが

210203_36.JPG


私のあとを元気に走って付いてきてくれる姿を見たら・・・

そんなの安いものです

実際は安くないんですけど

1日早い節分

今日は節分の日。

昨年、近所のスーパーで京都の料亭が監修した1800円もする高級恵方巻を買って食べたら、これまでの人生で一番美味い巻ずしと言ってよいほどの代物でした

それを覚えてたので今年も買いに行ったのですが・・・

今年はスーパーオリジナルの恵方巻しか売ってませんでした。

すんごい楽しみにしてたのに

1800円の恵方巻は企画としてアウトだったんだろうなぁ~売れなかったんだろうなぁ~ めっちゃ美味かったけど。


で、そのオリジナルの恵方巻が980円とかしやがるの

高いわ~

売れ残り多数で半額シールが貼られたのを買いましたが


あ、節分という事は近所の住宅街では小さなお子様が居るお家では豆まきをするんだった。

深夜の散歩はケンが道路に撒かれた豆を拾い食いしないよう気をつけねば。

210202_41.jpg



さて、

昨日は夕方から雨が降る予報が出てました。

ということは翌朝はあの水捌けが悪い河川敷では確実に遊べません。

なので色んなモノを持って散歩に出ます

210201_12.JPG


河川敷は誰も居ません。

210201_17.JPG


なので持参したコーンを設置して指定区域を作ります。

作ったら指定区域内で待ってるケンを呼びます。

210201_23.JPG


やってきたら脚側停座をさせた状態から指定区域へ送り出します。

210201_24.JPG

210201_25.JPG


指定区域に入ったところで伏臥の指示を出します。

210201_27.JPG

210201_29.JPG


できましたねぇ

伏臥の指示を出すタイミングが難しくてですね、ケンの数秒先の動きを読んで出さないと指定区域から少し体がはみ出しての伏臥となってしまいます


繰り返し練習します。

210201_38.JPG

210201_44.JPG


まぁまぁ出来てました

210201_55.JPG


キチンと出来てたらその瞬間に褒めちぎるのですが、

褒めるとそれはもう嬉しそうな顔をして駆け寄ってきます

210201_56.JPG

210201_57.JPG


このあとにやったコーン回りだってそう。

210201_65.JPG


コーンを回れた瞬間に大きな声で褒めると

210201_69.JPG


これまた活き活きとした表情になって駆け寄ってきます

210201_71.JPG


まさに”あなたに褒められたくて”そのものです。

512NDP5PYTL__SX328_BO1204203200_.jpg


飼い主はケンを初めて預かり訓練に出している時にこの本を読みました。

それまで訓練士さんにはレッスンを受講する度に「褒めてくださ~い」と言われてケンが何かの作業が出来た時には褒めてたのですが、褒められた肝心のケンはというと・・・

1ミリたりとも表情は変わりませんでした

その状況に飼い主は「ヨシヨシと声をかけて褒めるよりも褒美にフードを与えた方がダイレクトに伝わるのでは?」と思ってたものです。

が、この本を読んで何となく褒めるということ、褒められるということが「これや!」と気付いたように感じました。


それこそ犬のしつけ本にも1ページ目に書かれている”褒める”ですが、本にはそのタイミングや犬に伝わる(理解できる)褒め方まで記されてません。

飼い主はタイミングもそうですが、ケンに伝わる褒めが出来るま相当時間がかかりました、不器用ですから


でも肝心なのは犬に「この人に褒められたい」と思ってもらえる関係性かと。

飼い主がケンにそう思ってもらえるようになったのは競技会をリタイアしてから。

ケンは6歳くらいになってました。

それまで競技会に出陳し、少しでも好成績が出るよう日々の特訓につぐ特訓で関係性が構築されていったのだと解釈しています。

けれどこれは犬によっても飼い主によっても違うと思いますので、一概に「こうすればいい」とは言えなかったりするのですが。


少々難しめの作業が終わったらプラーを追いかけて気分転換も。

210201_79.JPG

210201_85.JPG


飼い主に色んなことを教え、成長させてくれた可愛いヤツです

210201_95.JPG