暑くなってきました

もう1週間経ったのか・・・

この1週間は過ぎるのがとても速く感じられました


前回のブログで雨脚が強いので深夜の散歩どうするか迷っておりましたが、

クリッパーにバリケンネルを積んだりしているうちにですね、着ているレインウェアの袖辺りから雨が薄っすらと浸水してくるほどだったのと、ケンが外に出る気ゼロだったので散歩は中止にしました。

こんなの久しぶりです。

もう食糞されたって仕方ありません。

こうなると連れ出したところでウ○コはしてくれませんから


だけど翌朝、ニュース番組なんかで関東地方の豪雨っぷりが紹介されているのを観て、自分の判断に間違いなかったと再認識したのでした


そういえばちょうど1週間前もいい勢いで降ってくれてましたけど



結局ケンは朝まで我慢できたようです。

その代わり・・・

散歩に出たら堰を切ったように出るわ出るわ

画像


画像



2連続で大量に出した後、更にもう1度腰を屈めて出そうとしましたからね。

出なかったけど


って、こんな話ばかりですね

ちょっと奇麗は画像を。

画像



なんて名の花か知りませんが、いつも遊んでいる河川敷で花が咲いてました。

こんな背の高さの草が花を咲かせるほどなので河川敷も雑草が生い茂るようになってきて遊び辛くなってきました。

そろそろ川遊びの準備をする時期なのかもしれません。

暑くなってきましたからね。

画像


画像




そんな早く感じられた1週間ですが、私たちが1週間前に訪れた山中湖交流センター”きらら”にて今年もカングージャンボリーが開催されたようです。

画像



私は2年前、初めて山中湖に向かってる際に「なんかやたらとカングーを見るなぁ」と思ってことから調べて知ったイベントですが、

いいですよね、こういうイベント

カングーって輸入車の割には意外とお求め易い価格帯というか、フリードなどと変わらない価格帯なんですよね。

リセールバリューに関しては日本車ほど良くはないでしょうけど


そのカングーがヨーロッパではニッサンブランドでも販売されるようになったとか

画像



日本でもニッサンで扱えばいいのに・・・

画像に写っているロング版、カングーとしても日本には正規で入ってきてないでしょうけどこの長さはいいですねぇ

街中で見かけるカングーって確か全長が4.3mほどですからホイールベースを伸ばしたこのロングでも4.6mほどでしょうね。

これで全幅が1.8mを切ってたらなぁ~


先日、ゴルフで高速道路を走ってたら追越車線をカッ飛ばしているカングーに遭遇し「えっ、カングーでこんな速度で巡航できるの?」と驚いてから、ちょっと見直してるんです。

何と言っても私の大好物である6MTの設定もありますしね



そうそう、ゴルフで思い出しました。

先日車検を受けたウチのゴルフですが、春先辺りからボンネット裏に張り付けてあるインシュレータの一部がビロ~ンと垂れ下がってきてたんです

画像



ちょうど縮んで垂れ下がってきている箇所の下には排気系統(ターボ)がありまして、

画像



ターボのタービンが発する熱でインシュレータが縮んだのだと思われます。

じゃあその横にあるブレーキのマスターシリンダーはどうなるんだ?って話ですが、本国などでは純正パーツとして遮熱板のようなものが存在します。

取り寄せて組もうかな?


で、車検の時にその旨を伝えたらメーカー保証で交換してもらうことに。


これできれいになりました

画像



新品なのでビロ~ンと垂れ下がったりもしていません。

画像



でも・・・

熱でやられて縮んじゃう場所付近って他の箇所のようにクリップみたいなもので固定されずに差し込んであるだけなの

画像



おまけに対策部品もリリースされてないので、これまでのインシュレータと全く同じもの。

担当営業マンのOさんも

「これ、同じ症状になっているおクルマが何台もあって交換させてもらってるんですぅ。でも対策部品ではなく全く同じものなのでまた数年後には交換させていただくことになるかと・・・」

なんてことを言ってました


確かにゴルフを運転する時はMTということもあってそこそこエンジンを回して走ることもありますが、それでもそれは一般公道での話です。

サーキットに持ち込んで走れば新品に交換したところでアッという間に熱で縮んでビロ~ンとなってしまうでしょうね

熱帯地域だということで日本仕様のゴルフRは本国仕様よりパワーを落としているほどなんだから、ブレーキマスターの位置も含めて対策パーツくらいリリースして欲しいでちゅ


あ、ウチのゴルフはノーマルと違ってそこそこパワーを上げてるんだった

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック