記憶力

朝晩は冷え込むし昼間は暖かく・・・

思いっきり風邪をひいてしまうパターンの天候です

なんとなく風邪のギリギリ手前をキープしているような感じです。

そして朝、布団から出るのが徐々に辛くなってきました。

ま、雨の日が少ないのが救いです。

晴れの日が続いているので気温を無視すれば心地いいんですけどね


飼い主と違い、既に夜から朝にかけて暖房が入っている自室で過ごしているケンは目覚めもよろしいようで

191107_03.JPG


散歩に行く気満々です

凛々しい顔で散歩しています

191107_06.JPG


その割にはUターン出来る地点にさしかかると

191108_06.JPG


あっさりと帰るケン。

こちらとしてはトイレも済ませてくれたし、ケン自身が満足してるならそれでいいんですけどね



そんな今日はシャンプーの日。

ケンをシャンプーしてもらいに連れて行く日は雨が多いのですが、久々に晴れました

予報では数日前まで雨になってましたけど。


奇麗にしてもらった帰りはいつものように隣町の河川敷公園へ。

案の定、トイレをしてそのあとは歩きまくるケン

191108_13.JPG


堪ったストレスを発散するが如くリードをグイグイ引っ張って歩いてましたが、足首も治ってきているところなので頃合いを見て良きところで引き上げてクルマに戻ります。

191108_17.JPG


すぐ戻るのも何なんで、クルマにリードを係留してしばらく日向ぼっこしてました


そんなケンですが、昨年の旅行で初めてベッドの心地よさを知って以来、私の布団で寝ることが増えたわけですが・・・

11年目にしてとうとう布団を被ることを覚えたようで

191106_21.jpg


掛布団を被って寝るようになってしまいました。

もっと早く気付けば良かったのに


そんな感じで寝ていたケンが急にワンワンと吠え始めました。

家の横を通る道でブレーキがキーキーと鳴る自転車とかが通過したら吠えることもあるのですが、そんな様子もありません

「なんでコイツ吠えとるんや?」

と疑問に思ってたら・・・

ケンの部屋から聞こえてくるFMラジオで流れている曲に反応したようです。

「よく覚えてたなぁ、お前」と私が理解するまで数十秒かかりました


その流れていた曲はQUEENのもの。

resize_image.jpg


今ではケンが反応するのでスマホの着信音は基本的に鳴らないように設定しているのですが、ケンを飼い始めた頃は着信音は色々設定していました。

グループや特定の個人に対して設定することで着信音だけで誰からの電話は判るようにしてたんです。

飼い始めた頃はまだケンも音にあまり敏感ではありませんでしたから

その当時、一番多く着信があったのがこのQUEENの曲を設定していた相手だったわけです。

もう10年以上前のことなのに・・・

ケンは10年以上経ってもしっかりと覚えていたようです。

やるなぁ~、お前


そんなQUEENですが、先日やっと映画『ボヘミアン・ラプソディ』を観ました。

181109bohemianrhapsody-718x409.jpg


劇場に足を運ばなくなり、近くのTSUTAYAも無くなったらもうこんなもんです。

タイムラグありまくりです


よく出来た作品でしたが、気になったのがフレディを演じている俳優の前歯の出具合。

確かにフレディ自身も前歯は出てた記憶はありますけど、劇中ではちょっと違和感があるほど強調されているようにも見えました

リアリティも追及している作品だけにこういった細かい部分も拘っているはずなのに何でだろう?と思いながら観ていたわけですが

私なりの結論が出ました

これは邪推の域ですが、制作陣はなんなら前歯の出具合や角度まで再現した筈です。

なのに違和感を感じるのは演じている俳優はもともと前歯が出ていないので、前歯が出ている状態に唇や顔が馴染んでない(対応できてない)のではないか?と。


10代の頃は週末になると劇場まで映画を観に行ってたのに今やCSなどで放送されて初めて観るような状態に。

だけど公開される作品も私が10代に観ていたものを超えるだけのものが無いのも確か。

ハリウッドもいい脚本が枯渇してきてるのかな。

邦画に関してはもう目も当てられない状態になってますが

そりゃ映画のCMも観た客らしき人物に「感動しました」だとか「チョ~面白かった」などと言わせて成立させる訳です。




この記事へのコメント